1. シリコンバレーで働く優秀なビジネスマンの間で瞑想が流行となっている理由

シリコンバレーで働く優秀なビジネスマンの間で瞑想が流行となっている理由

by naan
 IT関連を初めとする一流企業が集まるシリコンバレー。そんなシリコンバレーでは今、「瞑想(メディテーション)」がムーブメントとなっています。一般的にはビジネスとほど遠いイメージがある「瞑想」ですが、シリコンバレーで流行になるというからには、それなりの理由があるのです。今、シリコンバレーで働く優秀なビジネス・エグゼクティブたちが、ビジネスに瞑想を取り入れている理由とは一体なんなのでしょうか?

シリコンバレーで瞑想ブームが起こっている

 シリコンバレーにはアップル、グーグル、フェイスブックなど、多くのIT企業が集まっています。アメリカのほとんどの一流IT企業がシリコンバレーに集中していると言っても過言ではありません。そのシリコンバレーで「瞑想」がブームとなっています。これは単に隠れた密かなムーブメントということではなく、瞑想はシリコンバレーの新たな流行であり、またビジネスシーンで定着し始めた動きであるとして多くのメディアで取り上げられているようです。企業によっては、すでに社内のカリキュラムに瞑想を取り入れているところさえあるぐらい、瞑想は浸透しています。

なぜ今また「瞑想」なのか?

 今までもアメリカでは、感銘を受けたエグゼクティブによって禅が実践され、静かなブームとなったこともありました。遡れば60年代のアメリカでも、瞑想が流行となったことがあります。しかし、今回のシリコンバレーにおける瞑想の流行は、今までの東洋趣味的であり一部の好事家向けだった「ZEN(禅)」とは異なります。単に心の平静を得るメリットを期待してではなく、ビジネスに効果的な瞑想メソッドとして実践されているのです。ジョブズのように「禅」にこだわり、実践したエグゼクティブもいます。しかし、もちろんシリコンバレーで働く人がみな、ジョブスの真似をするというわけではありません。むしろ創造性・独自性が追求されるシリコンバレーでは、無意味な追従というものは存在しないのです。真に意味を持つものが流行となり、ムーブメントとなっていくのがシリコンバレーです。シリコンバレーで瞑想が流行となっているのは、そこに意味があるからなのです。

瞑想は、ビジネスにおいて有効

 シリコンバレーで瞑想が流行となっているのは、「心」の面だけではありません。実際に、ビジネスの面で有益だと思われているからこそ取り入れられているのです。瞑想により心が落ち着き、ビジネス上の判断や対人関係に良い影響を与えるという効果も期待されています。シリコンバレーにおいて、瞑想のメリットとは、脳を鍛えてその機能を上げることだと考えられています。生産性や集中力、そしてひらめきを高めるという効果があると言われており、そしてそれはシリコンバレーが求める独自性・創造性には欠かせないものです。だからこそ今、シリコンバレーで瞑想が流行となっているのです。


 ここでは、シリコンバレーの人々が瞑想をビジネスに取り入れている理由を紹介しました。シリコンバレーでは、ひらめきや発想力の源として注目されているということもあり、これからのシリコンバレーでは瞑想がより大きな流行となってくるのかもしれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する