1. 企業がLINE広告を出すときにかかる費用と得られる効果

企業がLINE広告を出すときにかかる費用と得られる効果

by jacilluch
 LINEは世界中で多くの利用者が存在しており、会員数も5000万人を突破している大きなSNSの一つです。それほど多くの人が利用しているものを企業としては、生かさない手はありません。今回は、LINEで広告を利用するときの費用について書いていきたいと思います。

公式アカウントの利用

 企業がLINEを利用する際にはまずアカウントを作成するのですが、企業向けの公式アカウントを作成するためには初期費用に200万円、月額150万円もかかるほど高額であり、小さい会社にとっては少し厳しい額かもしれません。ただ、ほかのSNSとは違って、友達機能を利用すれば、情報が他のものに埋もれるリスクを軽減させることができます.
また、企業向けの公式アカウントには廉価版もあり、初期費用も月額料金も5250円でアカウントを作成することができます。ただし、廉価版は、LINE内の「公式アカウント一覧ページ」に表示されない、クーポン発行などのノウハウ提供を受けられない、購読者数の1万人制限、などの制限があるので、アカウント作成をして企業のPRをするときには十分に考慮する必要があります。

スポンサーのキャンペーンスタンプ

 LINEにはさまざまな表現やキャラクターのイラストをスタンプとして配信できる機能があります。その機能をスポンサーがキャンペーンスタンプという形で利用して、LINEに広告を打つという手法です。ですが、このキャンペーンスタンプの費用については1000万円と高額な費用を必要とするので、通常の企業ではほとんど利用されていないというのが現状です。目立つ広告をしたくて費用に余裕がある企業は、利用してみる価値はあるのではないでしょうか。


 LINEを利用するのは、他のSNSと違ってかなり費用が掛かってしまうことがネックですが、きっちり戦略を練った上で利用すれば大きな効果を得られる可能性もあるので是非検討してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する