1. クラウドサービス利用を企業が使うことで得られる3つのメリット

クラウドサービス利用を企業が使うことで得られる3つのメリット

by See-ming Lee 李思明 SML
 最近流行しているWebサービスの中で、クラウドサービスは企業でも導入していることが多いです。クラウドサービスを利用することは、企業にどのようなメリットをもたらすのでしょうか。ここでは、クラウドサービスを利用することで、企業が得るメリットを紹介したいと思います。

1.導入コスト・管理コストがが少なくて済む

 クラウドサービスを利用するときには、専門ソフトを使用することなく簡単に利用ができるので、初期費用はほとんどかかりません。また、サーバーを自社内に持つと、管理費用や、保守の費用がかかりますが、クラウドサービスでは、そのような保守運用の費用もかかりません。クラウドサービスは企業にとってコストの面でのメリットが大きいのであります。特に、経営資金の少ない中小企業にとっては大きな魅力になると思われます。

2.容量を気にすることなく利用できる

 企業に保存場所を用意すると、容量が足りなくなった場合、新しいサーバーを買い足す必要が出てくるため、費用が膨大になります。しかし、クラウドサービスでは、容量不足になったら、新たにサービス側にお金を払うことで、容量を拡張してもらうことができます。場所やコストに制限がある場合でも、用意に容量を増やすことができるのもメリットの1つでしょう。

3.情報を一括で管理できる

 企業のセキュリティの問題として、パソコンを落としてしまい、情報が流失したということがよく聞かれます。クラウド上に情報を置きそこで一括管理することで、たとえパソコンを盗難されたり紛失した場合でも、情報を守ることができ、安全に情報管理をすることができます。


 ここでは、クラウドサービスを使うことで企業にもたらされるメリットを紹介しました。クラウドサービスには、企業にとって嬉しいメリットが多くありますので、導入を検討してみてもいいかもしれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する