1. 英語の聞き取り練習をするときに意識しておきたい2つのこと

英語の聞き取り練習をするときに意識しておきたい2つのこと

by The Urban Scot
 英語の勉強を進めていくうえで、リスニングはどうしても避けられない道です。日本語と英語では音声学的にシステムが全然違うので、耳と脳を英語に対応できるようにさせるには時間と努力が必要です。どんな方法を用いるにしても英語の聞き取り練習をする際には気を付けなければならないポイントがいくつか存在します。今回は、英語の聞き取り練習を効率よくするために避けたいことを3つ紹介していきます。

1、一字一句聴き取ろうとしない

 英語の聞き取り練習でまずやってしまいがちなのが、英語で何を言っているか一字一句、丁寧に聴き取ろうとすることです。リスニングのテストでも「一語一語しっかり聞く→頭の中で日本語に変換する→それがだんだん追いつかなくなる→会話の流れを見失う」という状況になってしまう人は多いのではないでしょうか。文章がある程度みじかいものであれば、こういう聞き取り方でも対応できると思いますが、実際にネイティブの人と話すときは基本的に短時間では会話は終わりません。

 ネイティブの人が英語を話す場合、単語と単語を繋げて話してしまう部分が多くあります。この部分まで馬鹿正直に聴き取ろうとしても自分の想像していた言葉とは違う音が聞こえてきて焦ってしまうだけです。最初のうちは曖昧でもいいので音声を何回も聞くことが大事です。

2、「英語→日本語」のプロセスを捨てる

 ある程度リスニング力がついてきた人でも、聞こえてきた英語を頭の中で日本語に変換してしまうことがあります。あらためて考えてみると「相手は日本語でこう言ってる」なんてことを考えて聞かないと思います。聞こえたことがダイレクトに理解できているはずです。

 日本語ではなくとも、英語も一つの言語です。英語を日本語で理解するというプロセス自体が英語の理解を妨げていることになります。英語を日本語と同じように無意識に理解できるようになるために「英語→日本語」の変換はできるだけしないように努力しましょう。

 以上の2点を踏まえて聞き取り練習をすると、効率良く英語が学習できると思います。是非試してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する