1. 多くの企業がTwitterを運用するようになった3つの理由

多くの企業がTwitterを運用するようになった3つの理由

by blakespot
 Twitterを利用する企業は増え、アカウントの数もかなり多くなっています。企業はなぜ、それほどまでにTwitterを運用するようになったのでしょうか。ここでは、企業がTwitterを運用する理由から、企業のメリットを考えてみたいと思います。

1.日常に溶け込むことができる

 企業の広告というと、どうしても非日常的に生活に割り込んでくるという物が多く、顧客に敬遠されがちでした。しかし、Twitterを利用して、情報を発信すると、顧客の日常に溶け込むことができ、自然に企業の情報や宣伝を顧客に届けることが可能になります。

2.ターゲティングをあまりしなくても良い

 Twitterではユーザーが自分で気に入った情報を流すアカウントをフォローします。そのため、企業側がターゲットを定めなくても、フォローすることで、顧客が勝手に集まってきます。企業にとっては、ターゲティングをしなくても、届けたい人に情報を的確に渡すことができるというメリットがあります。

3.リアルタイムに情報を流せる

 企業の情報の中には、すぐに顧客に伝えたほうが効果が高いものもあるでしょう。そのようなときに、Twitterを用いると、すぐに情報を流すことが出来、また、拡散することで多くの人に情報を流すこともできます。タイムリーな情報をすぐに顧客に届けることができるのも、多くの企業がTwitterを使う理由と言えるでしょう。


 企業がTwitterを使う理由は以上のことが挙げられます。Twitterを使うことで、多くのメリットが手に入るということが同時に理解できる内容になっていたのではないでしょうか。多くの企業と同じように、Twitterのメリットを得たい場合は、積極的にTwitterの利用を検討してみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する