1. Webサービスを開発するために必要なスキルと注意点

Webサービスを開発するために必要なスキルと注意点

by refeia
 Webサービスの開発は、ただ単にプログラミングができ、サイトを作ることができるスキルだけではありません。開発するためには、マーケティングやアイデアの発想力も求められるでしょう。ここでは、Webサービスの開発の仕方と注意したいことを紹介したいと思います。

Webサービスを開発するために必要なスキル 

 Webサービスを作る際にはマーケティング、発想力、調査、設計の4つのスキルが求められるでしょう。Webサービスを作る上は「何を作るのか」という問題が一番大切です。誰かに使ってもらいたいのであれば、まずどのようなニーズがあるのかを調べ、そこに刺さるサービスを開発しなければなりません。その中で、マーケティングや発想力といった開発には関係なさそうなスキルもその中では求められるでしょう。また、開発のシーンにおいては言語の普遍的な理解も必要になりますが、サービスを開発する際には運用のことも考えなければならず、サーバーの構築や、管理ができるようなスキルも求められます。

Webサービスを開発する際に注意したいこと 

 Webサービスをリリースすると運用が必要になってきます。中途半端な気持ちで開発しリリースしてしまうとサービス自体も中途半端な結果に終わってしまいます。どれだけの運用のコストが発生し、自分たちでそれをこなすことができるのかということを日ごろから考えて置く必要があります。Webサービスを手掛ける際には基本はアウトラインからディテールに入ります。いきなりプログラミングを行えば、全体をコントロールすることが困難になってしまいます。色々なアイディアが湧いてきて自分の技術では達成できないような規模の構想を組み立ててしまう場合もあるでしょう。しっかりと自分の開発力で作れるものを作るように考えないと、サービスとして成立しないということを頭に入れておいてください。 


 Webサービスの開発では、プログラミングを単に覚えるだけでなく、サーバーサイドの技術力や、企画して面白いサービスを作ることができる能力も必要になります。ここで紹介したようなスキルや注意点を心得て、Webサービスを作るようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する