1. 転職の面接で自分の希望時間を選ぶ際に気をつけるべきこと

転職の面接で自分の希望時間を選ぶ際に気をつけるべきこと

by mersy
 転職の面接を受ける際に、自分で時間の希望を出すことがあります。面接の時間を決める際は、企業が選択肢の中から希望時間を答えるパターンが一番多いですが、これ以外にも希望時間を聞かれるパターンがあるでしょう。ここでは、両パターンの面接の希望時間を選ぶときに気をつけたいことを紹介します。

希望時間を聞かれた際には優先順位をつけて複数回答する

 企業の採用担当者から面接時間を複数提示されたとします。3つ程度提示されるケースが一般的です。提示された中で優先順位をつけて回答していくようにしましょう。面接担当者は、複数の応募者とやりとりをしており、平行して時間調整をしています。優先順位をつけて回答することで、面接担当者側で、万一、他の応募者と希望日程がバッティングしてしまったとしても、別の時間ですぐに調整が可能です。面接担当者の状況を汲み取り、回答できることが、相手の立場に立ったコミュニケーションと言えるのではないでしょうか。これは相手と良好な関係を構築していく上で大切です。

希望時間を答える際には3つ程度提示する

 面接担当者から、希望日や時間を聞かれるケースがあります。その際には、まず3つ程度可能な時間帯を回答しましょう。例えば1つを午前の時間帯にし、もう1つを午後の早目の時間帯、そして最後は夕方、といったかたちでバリエーションをつけると更に良いです。仕事をする人には誰にも忙しい時間帯などの波があるものです。相手の状況が見えないからこそ、色んなバリエーションを提示してあげることが大事ではないでしょうか。


 ここでは、面接の希望時間を選ぶ際に気をつけるべきことを述べてきました。しっかりとマナーや配慮をした希望を相手に提出し、面接をしてくれる感謝の気持ちや心配りを忘れないようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する