1. 新入社員であっても責任のある仕事を任せてもらう方法

新入社員であっても責任のある仕事を任せてもらう方法

by miyukiutada
  成長したい新入社員であれば、早く自分の仕事を持ちたい、責任のある仕事をしたいという思いを持って仕事に取り組んでいるでしょう。責任のある仕事を任されるためには、仕事もきっちりとこなす必要があるでしょう。ここでは、新入社員であっても責任のある仕事を任せて貰える方法を紹介したいと思います。

雑務をきちんとこなす事からはじめよう

 入社してすぐは、雑務を任されることも多く、モチベーションを落としてしまうこともあるでしょう。しかし、雑務からきちんとこなすことは、信頼を獲得することや、自分のスキルアップに繋がるということを理解しましょう。雑務だからと言って基本的な事をおろそかにする人は、責任ある仕事も必ずどこかでおろそかになってしまうでしょう。また、そのような新入社員に仕事を任せたいと思う人も少ないと思われます。雑務であったとしても自分の仕事であるということを認識して完遂していきましょう。

報告・連絡・相談・確認を徹底する

 ビジネスマンとしての基本中の基本である「報告・連絡・相談・確認」は必ず徹底して行いましょう。前述した雑務であったり、直接業務とは関係ない事でもきちんとこの報告・連絡・相談・確認は怠ってはいけません。これができていないと、責任ある仕事の前に企業で働く者の一員としての情報の共有やチームでのプロジェクトを行うことは難しいのではないでしょうか。新入社員として働くからには、不明な事や不安な事はつきものです。少しでもそう感じたら必ず確認するようにしましょう。これをきちんと行えることも、今後責任ある仕事を任せたいか否かの判断材料の一つにつながっていくでしょう。

積極的にアピールする

 上司や先輩に対し、指示を受けて行動しているだけではなく、更に積極的に仕事を行いたい姿勢をアピールしていきましょう。初めのうちは出来る仕事も少ないかもしれませんが、少しずつ対応できるようになる為には些細な事でも挑戦していくことが大切です。失敗を恐れる必要はありません。失敗してもそこから学ぶことも沢山あります。積極的に新しいことを学んでいきたい旨を先輩や上司にきちんと伝えましょう。


 ここでは、新入社員が責任のある仕事を任されるための方法を紹介しました。やはり基礎をしっかりと遂行して、信頼を勝ち取るのが一番早い方法だと言えるでしょう。毎日の仕事にモチベーションを持って取り組むようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する