1. ビジネスマンのためのクラウドサービスの使い方

ビジネスマンのためのクラウドサービスの使い方

by maebmij
 このところ、無料で使えるクラウドサービスが増えてきました。クラウドサービスを使うと、外部に自分専用のスペースを設け、そこに自分が使っているパソコン内にあるデータを保管することができます。ここでは、ビジネスマンに向けて、クラウドサービスの有効な使い方を紹介したいと思います。

忘れ物をしない

 大事なクライアントとの打ち合わせや、プレゼンをするときに、持ってくるはずだったUSBを会社に忘れてしまい、思わぬトラブルに巻き込まれた経験のあるビジネスマンの方も多いでしょう。クラウドサービスを利用すると、どこでもアクセス可能な場所にファイルを保存することができるため、このような忘れ物で、ビジネスチャンスを逃すということありません。プレゼン資料や、打ち合わせに使う資料は、クラウドサービスに保管しておき、近くで印刷やダウンロードを行うといいでしょう。

いざという時に安心

 コンピュータがウイルスに感染してしまうと、パソコン上のデータが流出してしまう恐れがあります。特に個人情報や、会社の機密情報が漏れてしまうと、信用問題にもなり、大変です。クラウドサービスに保存しておけば、万が一ウイルスに感染しても、ファイルは、コンピュータ上にないため安心です。ウイルスに感染してしまったときに流失したくないものは、クラウド上に置くようにするといいでしょう。

クラウドサービスを使う時のリスク

 クラウドサービスを利用しても、セキュリティ上の問題はあります。パスワードが盗まれてしまったり、サービス側の不手際で流失してしまうこともあるでしょう。使う時には、パスワード管理を厳重に行い、流失しても復元しにくい形にしておくことや、圧縮し、別のパスワードをかけておくようにしましょう。


 ここでは、ビジネスマンがクラウドサービスを利用するときの使い方を紹介しました。クラウドサービスを使うことで、様々なリスクが回避できます。一度使ってみて、その便利さを体感してみるとよいでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する