1. 【継続は力なり】英語の勉強に対する「モチベーション」を保つ方法

【継続は力なり】英語の勉強に対する「モチベーション」を保つ方法

by paul bica
 今後、英語のスキルはますます求められるようになるでしょう。多くの人は、そういった状況を理解し、英語のスキルを向上させるために様々な努力をしていると思います。それと同時に「何日か続けたけど、いまいちモチベーションが上がらない…」という理由から途中で挫折してしまう人も同じくらいいるのが現実です。

 英語のスキルを身につけるためには、日々継続していくことが大切です。ここでは、英語の勉強に対するモチベーションの保ち方を紹介していこうと思います。

1. 英語を流暢に話す自分をイメージする

 英語学習のモチベーションを上手く保つには、英語を流暢に話している自分をイメージする癖をつけることです。人はゴールを明確に定め、そのイメージを自分の中に持てないと途中で挫折しやすくなってしまいます。

 勉強の合間合間で自分が目指すべき姿はどういったものかを確認し、勉強に取り組むようにしましょう。そうすれば、今自分がやっている地道な勉強も無駄なことではないんだと思えるはずです。

2. 目標を持つ

 どの勉強においても目標を持つということは大切です。英語の勉強においても同じで、漠然とした目標ではなく、この期間までに何をやるなど、具体的な目標を掲げることで、自分を奮い立たせることが可能になります。

 目標があることで、受動的ではなく能動的に勉強していけるため、勉強の効果も上がるのではないでしょうか。

3. 「時間配分」や「教材」など自分にあった勉強法を見つける

 英語の勉強を行うにあたり、ただ闇雲に教材を選び、気が乗らないままダラダラと勉強をし続けるのであれば、ただの時間の無駄です。そのためには、英語を勉強する時間も上手く自分で配分する必要性があります。

 「毎日、何時間勉強する」といったような、プレッシャーになりかねない時間配分を行うのはやめて、1日20分でも30分でも英語に触れる機会を作ることが大切です。教材や時間配分に気をつけ、自分にあった勉強法を見つけることで、英語を勉強するモチベーションを保つことが可能になります。


 以上、英語の勉強に対するモチベーションの保ち方を紹介してきました。「継続は力なり」という言葉があるように、何事も地道に続けていくことで自分の力となっていくのです。英語を勉強する時は、ここで紹介したことを意識して取り組んでみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する