1. 【発音が格段に良くなる!】英語の発音を良くする効果的な学習法

【発音が格段に良くなる!】英語の発音を良くする効果的な学習法

 「英語の発音をよくしたい!」と思うビジネスパーソンは多いでしょう。英語の発音を良くするために効果的な学習法はどのようなものがあるのでしょうか。

聴いた通りに発音する

 簡単な方法ではなく、一定の努力と時間がかかる方法ではありますが、「自分がマネしたい英語を聴き、それをマネして口に出すこと」が、英語の発音をよくする最も良い学習法です。なお、マネしたい英語とは、「イギリス英語を話さなければいけない」という事情のある人でなければ、ビジネス上で使う言葉としては、アメリカ英語で問題ありません。まずは興味をもった英語を繰り返し聴き、それを真似して言ってみます。この時、過去に習った知識に左右されずに、聴いた通りに言うことがポイントです。

 例えば、not at all(どういたしまして)という英語は、頭で理解しているように「ノットアットオール」と3語に分けて言わずに、「ノッタットール」と1語のように言うのです。英語にはこういった表現がたくさんあります。それをアメリカ人が言うように発音してこそ、英語の発音が良くなったと言われるでしょう。

好きな教材を選んでマネをする

 英語の発音を良くするためだけでなく、英語を話せるようになるためには、アメリカ人が話す言葉を、繰り返し聴くことが効果的です。そのためには、何度聞いても苦痛でない英語を教材を使いましょう。嫌いな教材は、長続きしません。自分の好きな教材を選ぶことがベストです。

 例えば、「金持ち父さん貧乏父さん」というベストセラーが好きな方は、そのオーディオブックを何度も聴き、聴いた通りに口に出してみるとよいでしょう。また、ドラマを英語学習に使いたい方は、アメリカドラマ「フレンズ」がおススメです。若者が使う日常英語が、はっきりと発音されているため、日常英会話を勉強する教材として比較的定評のあるものです。何よりも面白いドラマなので、飽きませんし、続きが気になってどんどん見進めていくことができるでしょう。

それ以外では、長文を読むことで、英語の単語を覚えるタイプの単語集が販売されています。例えば、Z会の速読・速聴英単語シリーズなどです。これを使って、英文を読み、CDから流れてくる発音をマネして口に出すことを繰り返せば、単語力がつくと同時に、良い発音も身に付けられます。


 残念ながら、英語の発音をよくするための簡単な方法はありません。愚直に英語を聴き、マネして口に出すことが大切です。こういった地道な作業が必要なため、教材は自分の好きなものを選びましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する