1. 【確実に結果を出す!】成果を意識した意志決定の仕方

【確実に結果を出す!】成果を意識した意志決定の仕方

 仕事の上では意思決定は重要な要素の一つです。また、会社のビジョンを実現するためには、会社や事業に対して重要な影響を及ぼすような意志決定を求められる場合もあります。そこで成果を上げるためには適切な意思決定を行わなければなりません。意志決定の際には、何についての決定か、何を満足させるのかということを知っておくことが大切になります。

意志決定の種類

 意志決定をする上では、問題の種類を見極める事が大切になります。一般的な問題なのか、特別な問題なのかを理解しておくことで解決に導いていくことができます。問題のパターンは以下の4種類に分けられます。

 一つ目は、基本的な問題の予兆に過ぎないような問題。
 二つ目は、当事者にとっては例外ですが、実際には基本的、一般的な問題。
 三つ目は、本当に例外的で特殊な問題。
 四つ目は、なにか新しい種類の基本的、一般的な問題の最初の表れとしての問題。

 三つ目の問題以外は、度の問題も原則・方針・基本という流れに従うことで解決します。正しい基本を持つことにより、同じ状況から発する問題を処理していくことが可能になります。本当に例外的で特殊な問題については、個別に処理する必要があります。

意志決定の流れ

 種類が分かれば、意志決定が満たすべき条件について明確にします。目的は何か、決定したことで達成する目標は何か、満足させるべき必要条件なども明確にします。とりわけ必要条件を簡潔、明確にするほど意志決定はより大きな成果を上げることが可能になります。

 次に、何が正しいかを知ることが大切です。特に必要条件を満たす為に正しいことを知っておく必要があります。正しい事を見極めれば、意志決定を行動に移すことができます。意志決定を行うだけでは問題は解決しません。決定された内容を特定の人の仕事と責任にすることで意思決定は成果を上げることができます。

 最後に、フィードバックを行います。決定した事を実行に移した後、それが成果を上げているかどうか検証するためにフィードバックを行います。また、実際にそれに触れて確認できるかどうかが成果を上げるための重要なポイントになります。意志決定を行う際には、このような手順を追い実行に移していくことが大切です。成果を意識し、意志決定を行うことで着実に次の行動に繋げていくことが可能になります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する