1. 【利益を出すために!】経営戦略の定義と経営で役に立つフレームワーク集

【利益を出すために!】経営戦略の定義と経営で役に立つフレームワーク集

 経営をする会社ならば、多くの利益を出したいところです。良い製品を開発したい、製品を数多く作りたい、多くの利益を出したい。どれも利益のために欠かせないことですが、夢を語るようではいけません。今の社会や業界の中で、会社としてどこまで現実的に取り組めるのか。それを最大限引き出すことが、経営戦略では大切です。経営戦略とあわせて紹介されるフレームワークを覗きながら、経営戦略の定義とは何かについて紹介します。

経営戦略の定義とは

 経営戦略の定義とは、会社の目的を達成するための仕組みを構築することです。目的とは、経営理念や経営ビジョンから導き出されたものです。それを達成するためには、競合に打ち勝つことや中長期的に継続できる状態が必要不可欠です。その状態を作りだすためのシステムを、経営戦略と定義しています。システムといっても、ただ良い製品を作るだけではありません。業界、情勢、技術、人材、資材など様々な方面から現状や問題点、問題解決をするための対策を分析することが前提となってきます。そこで、フレームワークの関係性が見えてきます。フレームワークを使いこなすことで、経営戦略をより確実に取り組めることができます。本来言われている「経営戦略の定義」の実行には、フレームワークは欠かせないものと言えます。

フレームワークの種類

 それではフレームワークの種類とその分析する項目について覗いてみましょう。数多くある中から有名で特徴的な代表例を挙げていきます。

ファイブフォース

新規参入の脅威、代替品の脅威、買い手の交渉力、売り手の交渉力、業界競合他社といった項目から、業界の特徴や収益性、投資や競合相手を分析する手法です。

7つのS

戦略、組織、システムといったハード関連。そして価値観、人材、スキル、スタイルといったソフト関連の経営資源2方向7項目から、組織運営を分析する手法です。

3C

自社、競合、市場や顧客といった3項目から、現状と目的のギャップを考える手法です。

SWOT

強み、弱み、機会、脅威といった4項目から、自社と他社そして顧客の内外環境を2方向から分析していく手法です。

フレームワークから見えるもの

 簡単にフレームワークの種類と項目を紹介しましたが、注目して欲しいのは、様々なポイントから見据えた色々な可能性です。「強みや弱み」「ハードやソフト」「自社や他社」などから現状の問題点が把握でき、問題解決へと繋がります。企業理念や企業ビジョンを達成するための経営戦略では、このような現状の問題点、問題解決の明確化も定義の中に欠かせない存在となっているのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する