1. 会社が生き残っていくための成長戦略の基本

会社が生き残っていくための成長戦略の基本

by Paul Davidson
 大きな変化を常にしており、その流れの中でうまく生きていかなくてはならない会社にとっては、成長戦略は必要なことです。特にライバルの会社が多くいる業界では、少しでも気を抜いてしまうと、あっという間に取り残されてしまう恐れもあります。

 ですので、今回は会社がこのような社会で生き延びていくためには、どのような成長戦略が必要なのかということを紹介していきたいと思います。

1.会社の強み・弱み探し出して伸ばしていく

 まず、成長戦略を決めて成長していく上では、会社のいい点と悪い点を探し出していくことが必要です。会社の強みについては、そこを強化すれば他社にも負けないブランドの確立が可能となり、商品の差別化が出来るようになるため、会社の良い点を探し、そこを強化していくことが基本的な成長戦略の考え方であると言えます。

 逆に、会社の弱みについては、この点を放置しておくと、弱みが強みを殺してしまうことにもなりますので、後に会社にとって大きな損失になる可能性があります。ですので、成長戦略を立てる際には弱い点についても強化する必要があります。

 また、弱みという点に関しては、逆に見ればそれだけ成長する余地があるとも言える為、弱い点を克服すれば大きな成長とともに、弱点の克服という大きな自信も手に入れることができるでしょう。

2.他社にはない自社だけのものを作り上げる

 成長戦略に欠かせない点としてもう一つ上げると、他社にはない自分たち独自のものを作り上げるということです。ニッチな産業やブランド品といったのがその最たる例ですが、誰もが基本的に持っていないことであれば、それはその会社にとって重要な財産となります。

 その財産を生成させて、提供することができれば、経済環境の変化の流れが変わっても基盤の強いものとして存在してくれるのですから、勝ち残っていくための成長戦略を考える上では、自社だけの掛け替えのないを作るということは大きな存在になります。

 前述の自社の強みがなんなのかという点を考えながら、どのようなことであれば誰もが実現出来ていない会社に成長出来るかということを考えていった上で、会社の成長戦略を立てていくと良いでしょう。

 以上の点が、会社が勝ち残っていく点で立てるべき成長戦略の基本です。この記事で述べた事を意識し、競合に負けない会社を作り上げていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する