1. 自分の弱みを探すときの自己分析の方法

自分の弱みを探すときの自己分析の方法

by suneko
 転職、就職するための準備として、自己分析を行うことは重要です。自己分析によって、自分の希望する仕事、目標、性格、強み、弱みなどを認識することが可能になります。

 自分の弱みを知ることにより、それ改善する努力をすることが出来ます。改善することにより、それを強みに変えることさえ可能になります。弱みを知る必要性があるのは、自分の良き未来のためです。今回は、自分の弱みを探す際の自己分析の方法を紹介していきます。

1.自分の弱みを書き出す

 仕事、能力、日常生活、人とのコミュニケーションにおいて、様々な場面での自分の弱みを書き出す作業は自己分析に最適です。書き出すことで、自分の弱みにじっくり向き合えることが可能になるのです。

 まずそれを書き出し、受け入れることから始めましょう。「何が苦手で何が不向きなのか?」、「自分がそれを弱みと思う理由は?」など自問自答することにより、良い改善策を生み出すことも可能になります。

 弱みを書き出す際には、一つずつ理由を書いていくこともお勧めします。自己分析が更にしやすくなるでしょう。

2.弱みと強みと表裏一体であると認識する

 弱みと強みは、よく表裏一体であると言われています。実際に面接などで、強みと弱みが同じような答えになるパターンは多いようです。

 自分の弱みを探す時の自己分析の方法として、強みを取り上げることにより、弱みを自然と引き出すことが可能になります。1での方法を取り入れると、強みを書き出してから弱みを書き出すといったやり方が、自己分析の方法として適していると言えます。

3.自己分析テストを使用する

 自己分析を行うにあたり、現代社会においては、オンライン、本などで様々な自己分析テストを行えるようになっています。それらを活用することにより、自分の弱みを分析することも簡単に行えます。

 1と2の項目で述べた方法以外で、自分が導き出すことが出来なかった弱みも、そこで発見できる可能性もあります。一度、試しに活用してみることをお勧めします。 

 以上が、自分の弱みを探す際の自己分析の方法です。自分の弱みを受け入れることによって、必ず弱みを強みに変えることが出来るはずです。それは転職、就職をすることに大きく関わってくるため、自分の弱みも強みと同様にしっかり自己分析を行いましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する