1. 起業家として成功するために意識しておきたい4つの心得

起業家として成功するために意識しておきたい4つの心得

by simanex
 起業する目的は、自己実現したい、自分の知識・スキルを生かしたい、社会に貢献したいといったものから、毎日満員電車に乗りたくない、自分の都合に合わせて働く時間を決めたい、好きな場所で働きたいといったものまで、幅広く考えることができます。このように起業する目的は様々ですが、起業家が持つべき「起業に必要な心得」には共通点があります。では、起業家に必要な心得とはどんなものであるか、見ていきましょう。

1.起業に対して強い熱意を持つ

 起業家には、「この事業をやりたい」「この事業は自分がやらなければ!」といった強い熱意が必要です。起業してから事業が軌道に乗るまでは、営業に行っても相手にしてもらえない、売上が上がらず泣く泣く自己資金を使う、資金繰りに困る、といった多くの困難があるでしょう。そういった中で、起業に対して強い熱意があるかどうかが、事業を諦めるか続けるかの重要なキーポイントとなります。

2.事業の全責任を負う立場であることを自覚する

 起業家は「一国一城の主」であり、事業内容・仕事の進め方・一緒に働くスタッフなど、自分の好きなように様々なことを決めることができます。その一方で、事業がうまくいかなくなったら、死に物狂いで責任を負わなければいけない立場でもあるのです。特に人を雇うと、その人の人生もあなたは背負うこととなります。時には大胆さも必要ですが、堅実に事業を展開しなければなりません。自由の裏側には責任があることを、再認識しておきましょう。

3.物事を数字で考える

 起業家は、日々起こる様々な出来事を、数字で客観的に考えなくてはいけません。企業を持続させるためには、利益を上げ続けることが必要です。利益を上げるためには、どの程度の売上をあげ、コストはどの程度に抑えるか、そのためには何時間働き、スタッフは何人必要か、などを数字で考えなければいけないのです。経営においては、フィーリングで判断することはNGです。

4.サービス精神旺盛になること

 自分から情報をたくさん発信していると人が集まってきやすいものです。起業家自身が持っているスキル・ノウハウ・知識は、出し惜しみせずできる限り発信しましょう。自分が他人に協力できることがあれば、積極的に関わっていきましょう。 ギブ&テイクという言葉がありますが、あなたが何かを得ようと思った時、あなたも相手に何かを与えなければなりません。特に日本人は、他人から何かをしてもらうと、「何かお返しをしなければ」と思うものです。このような心がけから、業務発注のきっかけになるかもしれません。


 これらの「起業家の心得」を参考に、今日から行動を振り返ってみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する