1. 【なぜ自己分析をするのか?】転職者が面接の前に自己分析を行う目的

【なぜ自己分析をするのか?】転職者が面接の前に自己分析を行う目的

by USASOC News Service
 転職の際はそれまでに面接を受けた経験から、つい自己分析をおろそかにしてしまいがちです。しかし、転職における面接では、新卒の時と比べ判断基準がまるで違ってきます。転職者は、経験や実績があることを前提に見られているのが一般的です。新卒とは違い転職者は抽象的なこと、理想などを伝えるだけでは採用されず、転職を成功させることは難しくなってしまいます。

 そのため、転職の際にしっかり自己分析することをお勧めします。今回は、転職の際に自己分析をする目的を紹介していきます。

1. 自分自身を理解するため

 転職をするにあたり、自分自身のことをより理解するためにも「客観視」することはとても重要です。自分を良く見せようと繕うことに試行錯誤するよりも、まずは自分を理解し、受け入れましょう。そこから様々な改善点が見えてくるはずです。

 他に自分の長所や短所、仕事においての協調性、スキル、経験、実績などを客観的に見ることで、「自分は何がしたいのか」「自分は何ができるのか」「自分に向いているものは何か」など様々なことが見えてくるはずです。これは転職の際に自己分析をする目的として重要なことです。

2. 転職の際の自己アピール、志望動機を確かなものにするため

 転職に際しての自己分析を行う目的は、転職の面接で、自己アピールと志望動機を伝える際にも大きく関わってくるからです。それらは、転職の面接では厳しく判断されることが多いのは事実です。

 なぜなら、転職者には、新卒者と違い、社会経験、実績、スキルなどがすでにあるものとして見られるからです。自己アピールでは、今までの職務経験における実績、スキルなどを具体的にアピールし、志望動機では希望する会社で自分は何がやりたいのか、何ができるかということを明確にして伝えられるようにしておく必要性があります。そのためにも、しっかり自己分析を行い面接の準備を整えましょう。

3. 面接官側の立場になって自分を見るため

 転職に際して自己分析を行う上で、転職希望先の面接官の立場になって自分を見ることが出来れば、とても効率的に自己分析をすることが出来ます。

 チェックポイントはそれぞれあるかもしれませんが、一般的に共通だと考えるものを考慮し自分の自己分析に役立てましょう。これまでの経験とスキル、仕事への意欲、転職へのポジティブな気持ち、仕事に対する自分の考え、将来の目的、人柄、ビジネスマナーなど他にもいくつかあると思いますが、面接官が人材を採用するにあたり重要だと考えられるポイントをきちんと把握し、それを基準に自己分析を行うことで転職が成功する可能性が大きくなるでしょう。
 
 以上が、転職の際に自己分析をする目的です。しっかりとした自己分析を行い、転職を成功させましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する