1. 英語の言い回しでビジネスに使える例文紹介

英語の言い回しでビジネスに使える例文紹介

by hiyori13
 日本語でもビジネスでの決まり文句が数あるように、英語でもビジネスシーンにおける基本的な言い回しがあります。ビジネスシーンの基本というのは、似たようなシチュエーションが多いものです。いくつかの「使える」言い回しを覚えておくと、とてもスムーズに会話を運ぶことができるでしょう。今回は、暗記しておくと便利な、何度も使える英語の言い回しをいくつか紹介していこうと思います。

挨拶・自己紹介などの会話導入に関する基本的な言い回し

 まず初歩中の初歩、初対面の挨拶ですが、手短にこの3文で大丈夫です。

Good morning / afternoon. (こんにちは。)

I’m Taro Yamada from ABC Technology.(私は、ABCテクノロジーの山田太郎と申します。)

Nice to meet you.(お目にかかれて光栄です。)

 前に会ったことのある人への挨拶なら、このような言い回しがよいでしょう。

I haven’t seen you for a while.(お久しぶりでしたね。)

I’m so glad to meet you again.(またお会いできて本当に嬉しいです。)

 もし、以前に家族の話などもしたことのある間柄なら、

How ‘s your family?(ご家族の皆さんはいかがですか?)

Is everybody fine?(皆さん、お元気ですか?)

 などと聞き添えると、親近感が増してくるでしょう。欧米人は、家族のことをとても気にする人が多いので、家族の話題は、相手との距離をぐっと縮めるきっかけにもなります。また、自分が間に入って、他の人を紹介する時は、

Mr.Brown, this is our sales manager, Ken Saito.(ブラウンさん、こちらが営業部長のサイトウ・ケンです。)

 で大丈夫です。もし、言葉がつまった時は、

「Well…,」「Let me see..,」など、「ええと…」にあたる言い回しを使って、落ち着いて言うべきことを考えてください。

相手とのビジネス関係構築に関する基本的な言い回し

 では、相手とアポイントメントを取りたいときの決まり文句は、どのようなものでしょうか。最初に紹介するのはとても丁寧な言い回しです。

Would it be possible to make an appointment with Mr. Brown next Monday? (来週の月曜日、ブラウン氏とアポイントを取らせていただくことはできますでしょうか?)

 次に、セールストークなどで、相手に勧めたい商品がある時は、このような言い回しがスマートです。

I strongly recommend this product for you.(私は、あなたにこちらの商品を強くお勧めします。)

There are three reasons we believe that way.(お勧めする理由は、3つございます。)

 英語は結論を先に言う言語です。セールストークも結論から先に言い出し、その理由を、ポイントをまとめて話す必要があります。そして、交渉がまとまり、注文を取れた場合は感謝の言葉と今後の関係継続をお願いする言い回しに繋げましょう。以下のようなものがあります。

Thank you very much for your order.(ご注文、どうもありがとうございました。)

I’m looking forward to seeing you sometime soon.(また近いうちにお目にかかれるのを楽しみにしています。)

Please don’t hesitate to ask me any questions anytime.(何かございましたら、いつでもお問い合わせください。)

 
 もちろん、この他にも、暗記しておくと、何度でも使える便利な言い回しはたくさんあります。自信を持って話せるフレーズがあると、英語での会話全体にも自信が出てきます。是非、キーセンテンスとなる言い回しをマスターしてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する