1. 挫折経験に関して自己分析するときのやり方

挫折経験に関して自己分析するときのやり方

by sⓘndy°
 企業の就職、転職の面接で、質問の内容として挫折経験や失敗談などを聞かれることもあると考えます。その質問の意図の多くは、その人が挫折、失敗とどう向き合い、どう立ち直ったかなどの再起できる力を確認するためです。

 挫折経験は、自分にとってはとても辛く、悔しく、切ない経験だったかもしれませんが、それは人生においての大事な学びでもあり、これから起こりうる様々な事柄に対しての適応能力を養うものでもあります。

 挫折経験から得たものは非常に多いはずですので、それに関しての自己分析をしっかり行いましょう。今回は、自分の挫折経験に関して自己分析をするときの方法をいくつか取り上げていきます。

1.挫折の原因、対処法を分析する

 挫折を経験している場合、いったい何が原因で、その対処法は何だったかをきちんと整理することをお勧めします。

 その出来事が挫折と感じたのであれば、それには必ず原因があります。それはどうして起こったのか?ということをまず明確にして下さい。そして、その原因に対しては、必ず対処が行われたはずです。どういう対処をし、どうなったか?ということも明確にしていきましょう。

 それを書き出すことで、更に自分の挫折経験と向き合うことが可能になります。じっくり向き合い、それを受け入れることが出来るようになることが自己分析する上でとても重要です。

2.挫折経験から学んだものを分析する

 次に挫折経験から学んだものを考えましょう。挫折の原因、対処法を考えている時には、辛さ、悔しさ、切なさなどの感情が思い出されて押し寄せてきたかもしれませんが、自己分析を行うことで、それに冷静に向き合い、受け入れる必要性があります。

 挫折経験を受け入れた後は、そこから学んだものを書き出していきましょう。自分の主観的な感情だけに捕らわれず、様々な観点から挫折経験を見ていくことが重要です。そうすることにより、そこから学んだものが何だったのかをきちんと知ることが可能になるのです。自分の挫折経験に関してきちんと自己分析を行うことが、挫折を繰り返さない大きな要因です。

 以上が、自分の挫折経験に関して自己分析をするときの方法です。挫折経験を乗り超えることによって、人生においての大事な学びを得ることができ、これから起こりうる様々な事柄に対しての適応能力を養うことが可能になります。自分の挫折経験に関して自己分析するときのやり方を身に付け、新しいことにどんどん挑戦していきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する