1. 部下を育成させるためのマネジメントに必要なこと

部下を育成させるためのマネジメントに必要なこと

by daita
 仕事を進めて行く上で、チーム全体が一丸となり同じ方向に向かって前進していく事は、仕事の効率化を進めるだけでなく、仕事へのモチベーション上昇にも繋がる好循環を生み出します。

 そのためには、普段から部下達と交流を持ち信頼関係を築くことが、とても重要な要素になってきます。このように、組織をマネジメントしていく上で部下を育成する事は、より良い仕事を作る原動力であり後継者を育てる大切なミッションです。ここでは、部下を育成するためのマネジメントにおいて必要な事を紹介していきます。

1.部下に自信を持たせる

 部下は仕事の上ではまだ経験が浅く、日々努力し、何とか仕事をこなしている状況です。上司がどれだけ部下を気に掛けどのように声掛けするかによって、部下の成長は異なったものになるでしょう。

 部下育成の上で最も重要な点は、部下に仕事に対する自信を持たせる事です。そのためには、どんな些細な事でも良かった点はきちんと褒めて伝える事です。

 時には失敗に対し注意すべき場面もあると思いますが、その際には注意する言い方に配慮する必要があります。ただ頭ごなしに怒鳴るのでは次に繋がらないため、なぜ失敗してしまったのか、今後同じことを繰り返さないためにはどうすればよいか、といった改善策を共に考え具体的に明示してあげる事が大切です。

 また、小さい目標設定を掲げてそれを達成させ評価する、そのプロセスを繰り返し行うことも、仕事に対する自信につなげる良い方法です。

2.部下と情報を共有し同じ目標を持つ

 仕事を通じチーム全員が共に成長していく事は、部下育成の上でも効率的な方法であり、組織運営の上でも全体のボトムアップに繋がります。

 そのためには、上司の仕事に対する目標設定に対しメンバーである部下達が共感し自分の課題と認識できるかどうかが、チームの結束力向上の鍵となってきます。部下に対しこまめに情報を共有し仕事に対する考え方を伝え、また仕事の進捗状況を確認し、フィードバックを行って部下の仕事の評価を行いましょう。

 また、定期的にミーティングを行い課題について意見を求め議論を深める等、部下が発言出来る場を準備しておくことも必要です。こういった一連のコミュニケーションを通じ、部下は仕事の「当事者」となり共に問題を解決していこうという前向きな姿勢が生まれるだけでなく、様々な状況において考える癖がつき、また共に多くの状況を経験することが出来ます。

 普段から部下と雑談をする等風通しの良い職場環境を作っておくことも、気持ちを一つにまとめていく上では欠かせない要素となってきます。

 以上が、部下を育成させるためのマネジメントに必要なことです。マネジメントにはコストがかかりますが、必要な事です。この記事で紹介した事を意識して組織を活性化させていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する