1. 相手にユーモアがあると思わせる英語での自己紹介の方法

相手にユーモアがあると思わせる英語での自己紹介の方法

by the half-blood prince
 英語で自己紹介をするときですが、ユーモアを織り交ぜながら行う場合があります。日本とは違い、面白くユニークな自己紹介をすることが求められる場合もあるでしょう。ここでは、英語の自己紹介でユーモアを取り入れる方法を紹介します。

自己紹介をする前に前置きを入れる

 英語で自己紹介をする際に「前置き」の文章をいれる事で非常にユーモアがある自己紹介に変わります。日本語での自己紹介ですと「初めまして」「私の名前は・・です」の様な文章から始まりますよね。これでは今ひとつユーモアに欠けますし、魅力がありません。作業的な印象も受け、つまらない自己紹介になってしまいます。そこで自分の自己紹介に移る前に「前置き」を入れる事で非常にユーモアのある相手を引きつける自己紹介になります。具体的には「Hi!!hallo everyone!Today,I want to introduce myself…」など自己紹介をする前に「今から自己紹介をする」と言う事を伝えて下さい。すごく単純且つ普通かもしれませんが、これをする事で「掴み」を入れる事ができますし、相手に興味を持ってもらえます。元気よく挨拶をして、前置きをしてから名前や趣味など好きな内容を伝えていく順番にする事で非常にユーモアのある自己紹介になります。

自己紹介の中にユーモアを盛り込む

 英語圏でウケるユーモアと日本でウケるユーモアは違います。自己紹介をする際に気をつけたいのは、相手のツボに合わせたユーモアを言うということです。英語でウケる自己紹介のネタですと、自分のビジネスでの失敗談や、時事問題に関する皮肉やウィットの効いたユーモアになります。日本ではなかなか笑いにくいユーモアでも、英語圏の方にはウケることもありますので、しっかりと考えてくるようにしましょう。


 ここでは、自己紹介にユーモアを取り入れる方法を紹介しました。自分の失敗談などのユーモアを入れると、英語でのコミュニケーションはさらに円滑になるでしょう。ここで紹介した方法で、良いコミュニケーション作りを目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する