1. フリーランスとして働く人が効率的に働くための時間管理

フリーランスとして働く人が効率的に働くための時間管理

 会社を退職してフリーランスとして活動していこうと考えている人、もしくは今後フリーランスとして活動予定の人もいると思います。フリーランスとして活動する場合に気を付けたい事が仕事管理です。フリーランスになると今までのように会社に縛られることが無いため自由な時間が出来ますが、これは言い換えればいつでもサボることができる状態なのです。そこで今回はフリーランスの人が自分の仕事管理を効率的に行う方法を紹介します。

仕事をする日としない日を決定する

 フリーランスと言えども休日は必要です。あまり無理をすると腰痛や頭痛のような職業病にかかってしまう恐れもあります。そのため、あらかじめ全く仕事をしない日を作りましょう。体に無理をかけない適度な休日があれば仕事日のパフォーマンスも上がります。

 ただし、仕事をする日は雑念を払い、仕事に集中してください。そうしないときちんと業務をこなす日がなくなってしまうからです。休むときはしっかり休み、働くときはしっかり働くというように、メリハリをつけることが大切です。

一週間のスケジュールをまずは立ててみる

 フリーランスとして仕事を管理するのであればまず、仕事管理のために1週間のスケジュールを立ててみましょう。例えば先のように仕事をする日はこの日、休日はこの日というようにです。稼働日と休日を設定したら、次は仕事をする日のタイムスケジュールを大雑把でも良いので記述しましょう。

 次に重要なのが15分単位に分けて仕事を分割して行く事です。例えば朝の8時から9時の時間、8時15分にメールチェック、15分から30分に朝食、30分から45分にトイレや身だしなみを整える、45分から9時に仕事の準備に取り掛かるというようにです。最初は慣れるのに苦労しますが、慣れてしまえば後は実行するだけです。もぜひ1週間のスケジュールを立ててみましょう。作用時間を細分化することで、それぞれの時間にするべきことがハッキリします。


 最初は仕事管理をするのに苦労をしますが、慣れれば他人に左右されない分スムーズに仕事を行うことができるようになります。メリハリのある仕事で、快適なフリーランス生活を送ってください

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する