1. 自分の問題点を簡単に把握することができる「自己分析」2つの手法

自分の問題点を簡単に把握することができる「自己分析」2つの手法

by Beáta Betty
 自己分析をして、自分の問題点を見つけ出すのはなかなか大変でしょう。人はどうしても自分の問題点からは目を逸らし、良い部分ばかりに目がいってしまいがちです。頭では理解しているのですが、きちんと向き合えないという人も多いと思います。ここでは、簡単に自分の問題点を見つけることができる自己分析の方法を紹介していきたいと思います。

1. 自分の親から「問題点」を聞く

 自分の問題点を簡単に探す方法とは、親に書き出してもらうことです。自分が生まれて、今日までの姿をずっと見続けてきた親であれば、自分でも気づかないような問題点も知っています。

 そのため、自分一人でやっているだけでは気づかなかった自分に気づくことができるのです。また、親であれば遠慮することなく良い部分や悪い部分を出してくれるので、自分を美化せずに済むでしょう。

2. 「他己分析シート」を活用する

 次に紹介するのが友達同士で「他己分析」をするという方法です。その際、「就職活動ナビ.com」の「他己分析シート」を活用すると良いでしょう。それを友達に渡し、書きだしてもらうとともに、友達のことも書いてあげます。

 そうすることで自分の問題点を把握できますし、また人の見方を学ぶことも出来るため一石二鳥と言えるのではないでしょうか。


以上、簡単に自分の問題点を見つけることができる自己分析の方法を紹介してきました。問題点を見つけ出すための自己分析には、客観性が何よりも必要です。自分の良い部分ばかりに目がいってしまうという人は、周りの力を借りて問題点を見つけ出し、しっかり自分のことを理解しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する