1. キャリアアップのためにビジネスマンがすべき自己分析に最適な適性診断テスト

キャリアアップのためにビジネスマンがすべき自己分析に最適な適性診断テスト

 キャリアアップを目指す上で、自己分析というのは有効な手段の1つです。キャリアプランを実現するには自分の強みや弱み、価値観を具体的に知ることが必要です。そのため、自己分析の仕方を理解し実行することはキャリアアップにも繋がります。

 一番簡単にできる自己分析の仕方として「 適性診断テスト」があります。しかも無料で利用できるところも多くあり、利用の仕方も簡単です。適性テストには「バランスよく性格を測定するもの」や「対人関係など特定の側面を重視するもの」など特徴があります。最低2つ受ければ結果の信頼性も増しますので、自分の強みや弱みを把握することができるはずです。

客観的な自分の姿と強みと弱みの明確化

  この診断テストは、1問ずつ素直に回答すれば本当の自分に近い結果が出力されます。意外な弱点に気づきが得られるのも、大きなメリットです。また、自分の強みや弱みがハッキリ表示されます。自分の主観のみで考えると偏った結論が出る危険性がありますが、統計処理された客観的で信頼性の高いデータであれば正しいキャリアプランを作成することもできます。

 中には適性仕事スタイル診断というものもあり、自分に合致した仕事を対人特性・課題特性の2つの特性で分析するものもあります。「対人特性」とはどんな人に対してどのように接するのが自分に合っているかを表し、「課題特性」ではアイデアを生み出す仕事・緻密さを要する仕事など仕事の内容について診断します。この2つの切り口から、自分に合った仕事内容のイメージが具体的になってきます。

適性組織風土診断も大事な要素

 今の仕事のキャリアアップとは直接関係はありませんが、あなたのパーソナリティタイプと組織の特性が、どれだけ適合しているか診断できるものもあります。

 今勤めている会社や部署が自分に合っているのかと考える基準にもなりますし、キャリアアップとは自分自身のスキルを高めるものなので先のことを考えるためにも役立ちます。無料で提供されているものなので、客観的に自分を見たい時にあくまでも参考程度に考えて診断してみることをおすすめします。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する