1. 英語でビジネスメールを送る場合の挨拶文の書き方のポイント

英語でビジネスメールを送る場合の挨拶文の書き方のポイント

by RLHyde
 英語でビジネスメールを送る場合、相手がまず最初に目を通すであろう部分が挨拶部分でしょう。そのため、挨拶文には気を使わなくてはならない部分も多くあります。ここでは、英語でビジネスメールを送るときの挨拶文の書き方を紹介したいと思います。

敬称と相手の名前をまず書く

 担当者にメールを出す際の冒頭ですが、担当者の名前を知っている場合と知らない場合では冒頭も異なってきます。名前を知っているのであれば「Mr.」もしくは「Ms.」となります。担当者の名前や性別が分からなければ「Dear」を使うといいでしょう。

自分が何者であるのかを明らかにする

 次に私が何者なのかを説明しなければなりません。例えば、私はAの企業でこの担当者を行っているBですと言うようにする場合、「My name is B and I am in charge of ~ at A.」と言うようにしましょう。すると相手も会社名と名前を把握してくれます。

メールの内容を明らかにする

 宛先と自分の紹介の次に書くのが、なぜ御社にメールを送ったのかと言う理由です。例えば、何かしらの情報を知りたいと言う場合には「The reason why I am writing this email to you is I'd like to ask some questions about ~. 」と言うように書き、知りたい事、聞きたい内容を「about」以降に記入しましょう。またこちらが何かしらの目的があってメールを送った場合には、「The reason why I am writing this email to you is I'd like to ~」と言うように記述しましょう。何をしたいのかは「I'd like to」の後に記述して担当者に説明をするようにしましょう。


 ここでは、英語のビジネスメールにおける挨拶文の書き方のポイントを紹介しました。最初の導入がうまく書けていると相手も文章をしっかりと読んでくれるでしょう。ここで紹介した挨拶でビジネスメールを送るようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する