1. 英語でビジネスメールを送るときの敬称の付け方

英語でビジネスメールを送るときの敬称の付け方

by jimw
 ビジネスシーンにおいて、英語でメールを書かなければならないということがあった場合、英語では文化の違いもあるので更に礼儀に気を使いますね。日本語でメールする場合、相手の敬称は「様」を付ける事が多いと思いますが、英語の場合はどんな敬称を使えば良いのでしょうか。ここでは、英語のビジネスメールでの敬称の付け方を紹介したいと思います。

英語の敬称の種類

 まずはじめに、英語の敬称は様々な種類がありますので以下に紹介します。「Mr.」は男性一般に使う事ができる敬称です。「Mrs.」は既婚女性、「Miss.」は未婚女性、「Ms.」は女性一般と女性に付ける敬称は結婚の有無等で変わってきます。もし、相手の性別が分からない場合は「Dear」を名前の前に付けることによって、敬称を省略しても失礼になることはありませんので、ご安心ください。「Dear John Smith」と書けば「John Smith様」という表現になります。

敬称の後に書く名前の表記方法についての注意点

 英語のメールで敬称を付ける場合、敬称の後にファーストネーム(下の名前)のみを書くと大変失礼になりますので注意が必要です。もし、ファミリーネーム(苗字)とファーストネーム(下の名前)の区別がつかない場合は敬称のあとにフルネームを書くと間違いがありません。

ビジネスで日本流の表記が使われることも

 また、最近ではビジネス上のメールのやりとりでも日本語の「san」(〜さん)が使われることがあります。名前から性別が判断できない場合は「san」を使うととても便利です。「san」を付ける場合は日本語のメールの様にファミリーネーム(苗字)の後ろに「san」を付けるのが一般的です。日本の外資系の企業などではファーストネームに「san」を付けるといった使い方で相手に親しい印象を与えるという手もあります。しかし、海外のビジネスマン全員に浸透しているというわけではありませんので、相手が「san」を使ってこない限り通常の英語の敬称を用いる方が無難です。


 ここでは、ビジネスメールを英語で送るときの敬称の書き方を紹介しました。英語のメールでもしっかりとマナーを押さえた敬称の書き方をしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する