1. Webプロデューサーの基本的な役割

Webプロデューサーの基本的な役割

by ajari
 Webプロデューサーとは、Webビジネスやサイトの立ち上げなどをする際にクライアントなどと折衝するなど、プロジェクト全体を統括する職業です。 

 では、Webプロデューサーをするうえで、プロデューサーにはいったいどのような役割が求められており、どのようなことをしなければならないのでしょうか?

クライアントとの交渉やプレゼン、企画書作成のプラン段階

 まず、具体的にはクライアントから仕事を受注してもらうことから始めて、クライアントがどのようなものを制作してほしいかを折衝します。そこから、どのような企画でホームページなどの政策をしていけばいいのかという企画書案を出し、クライアントにプレゼンテーションを行ってから次の段階に着手もしくは同時進行的に活動を行います。

 ここでは、まずクライアントとの間でどのような条件で物事を進めていくのかというために、コミュニケーション能力がある程度求められてきます。また、契約費用や利益計算もこの段階で必要となってくるので、金銭感覚や契約関係の知識も重要になってきます。 

 さらに、企画を出すときには、クライアントが満足できるような発想を提供できる能力や、プレゼンで自社の商品や企画を的確に伝える表現力も大切です。

プロジェクトチームの立ち上げ、現場指揮

 次に、プロジェクトの内容がクライアントとの間で決まったら、その内容に合わせて Webディレクター、 Webデザイナー、Webエンジニアなどの人材を手配して、制作する組織を作り上げます。 

 この時にも、プロジェクトの内容に合わせてどのような人材を必要な人数で適切に確保するかという能力が求められてきます。制作現場の指揮・監督も行わないこともないのですが、現場でより良いものを作ろうとするのはWebディレクターの仕事あって、Webプロデューサーはその間もプロジェクト全体の進行速度や収益四憶や経費などの計算といった全体の管理をしながら、プロジェクト全体の管理、運営をしているのです。

 ここでは納期までに利益が出るように間に合わせるような、プロジェクトマネジメント能力が必要になってきます。

 上記でも述べたように、Webプロデューサーは様々な能力が必要であり、総合的な力が求められる仕事です。Webデザインなどのスキル的能力だけでなく、ビジネスセンスや、経営の視点もWebプロデューサーの仕事には深く関わっていると言えます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する