1. 初心者がWebデザインを勉強する上で最初にやっておきたいこと

初心者がWebデザインを勉強する上で最初にやっておきたいこと

by ruurmo
 Webデザインを勉強したいと思っても、何から手をつけたらいいのかわからないという人は多いのではないでしょうか。とりあえず書籍を購入してみるのもいいですが、本の内容が自分に適さず2冊、3冊と本が増えていくだけでは意味がありません。

 そこで今回、初心者にはぜひ覚えておいてほしい、Webデザインを勉強する上でまず最初にやっておきたいことについて説明します。

1.ペイントソフト、編集ソフトを勉強する

 webデザインは広範囲のため様々な職業が挙げられます。まず、ホームページのデザインを考える方、ホームページやブログ、もしくはweb広告に掲載するイラストを仕上げる人たちに共通してすべきことは、ペイントソフト、そして編集ソフトです。

 まずペイントソフトの代表的なものとして、ペインターやSAI、イラストスタジオがあります。ペインターはコーラル社が手掛けるペイントソフトで、仕上がりとしては水彩や油絵のような仕上がりが期待できます。

 またSAIやイラストスタジオでは、値段が安価にも拘らず水彩から油絵、パステル画等の広範囲をサポートを受ける事が出来ます。

 次に編集ソフトではPhotoshopがあります。Photoshopは有名な編集ソフトであり、写真家やwebデザイナーであれば知らない人がいないほど有名なソフトです。

 上記で紹介したソフトを勉強しなければwebデザインを手掛けることは不可能になってしまいます。無料版もあるので自分が気に入ったものを選択して使用しましょう。

2.手掛けた枚数を記憶しておく

 これは、Webデザインを勉強する上で最初に覚えておいて欲しいことです。なぜなら、Webデザインはよっぽどの才能があるか、もしくは天才でもない限り一朝一夕に上達することはありません。

 イラストであれば人物の構成、そして背景のパースの取り方を勉強しなければいけないし、ホームページのデザインを手掛けるのであれば何個か仕上げて第三者に見てもらわなければ上達もしません。

 そのため手掛けた枚数を記憶し、徐々に練習する枚数でしたり作業を増やしていきましょう。また、先に紹介してしまいましたが第三者に見せる事は非情に重要項目です。

 自分では気づかない点を指摘してもらえるし、何より今後の参考になります。現在ではwebサービスで様々なサービスを展開していますので、初心者はぜひ行ってみましょう。

 最後に、初心者の方が一朝一夕にwebデザインが上達することはほぼ不可能に近いです。先にも記述しましたがよっぽどの天才でもない限りはすぐに上達することは不可能です。練習する枚数を増やしたり、またはデザインソフトを使いこなせるように勉強をしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する