1. 色々な「貼り付け」を使い分けよう!PowerPointにエクセルで作った表をきれいに挿入する方法

色々な「貼り付け」を使い分けよう!PowerPointにエクセルで作った表をきれいに挿入する方法

 PowerPointにエクセルで作った表を挿入できることはご存知でしょうか?しかし、ただ挿入するだけでは見せたい部分をしっかり表示できない場合があります。その場合は「貼り付け」の方法を見直してみてください。

「貼り付け」と「形式を選択して貼り付け」を使い分けよう

 「貼り付け」機能を使えばエクセルで作った表を簡単にPowerPointに挿入できます。PowerPointは起動したままで、エクセルを開き、挿入したい部分を範囲選択で囲み「コピー」を選択してからPowerPoint上の「貼り付け」を押せば挿入完了です。スライドで使いたい部分だけを選択して必要のないデータは表示しないようにするとわかりやすい表になります。
「貼り付け」機能を使えばエクセルで作った表を簡単にPowerPointに挿入できます。PowerPointは起動したままで、エクセルを開き、挿入したい部分を範囲選択で囲み「コピー」を選択してからPowerPoint上の「貼り付け」を押せば挿入完了です。スライドで使いたい部分だけを選択して必要のないデータは表示しないようにするとわかりやすい表になります。

 ただ、この方法ではエクセルの書式などは引き継がれません。エクセルの形式をそのまま引き継ぎたい場合は「形式を選択して貼り付け」を選択しましょう。そうすれば書式を崩すことなく挿入可能です。

画像として挿入して自由な加工を

 挿入する表が大きい場合には、PowerPointで表全体が表示できないことがあります。そんな時には表として挿入するのではなく、図に変換すると良いでしょう。「形式を選択して貼り付け」をの中の貼り付けのオプションをONにして「貼り付ける形式」の欄から「図(Windowメタファイル)」を選べばOKです。これで表を画像として扱えるので、後から切り取りなどの加工が施せます。しかし、一度画像として保存してしまうと後から数値を変更できないの値を直すときはエクセルを開いて修正する必要があります。


 いかがでしょうか?スライドに見やすい表は不可欠です。挿入の仕方を工夫して分かりやすいプレゼンを行いましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する