1. フリーランスとして働く人が仕事を選ぶときの判断基準として考えたいこと

フリーランスとして働く人が仕事を選ぶときの判断基準として考えたいこと

by Norio.NAKAYAMA
 フリーランスで働く場合、仕事を自分で選ぶことができ、それが魅力でもあります。しかし、しっかりとした軸で仕事を選ばないと、ビジネスの成功には繋がらないこともあるのではないでしょうか。ここではフリーランスで働く人が仕事を選ぶ際のポイントを紹介したいと思います。

どんなスタンスで働きたいのかを考える

 フリーランスであれば、仕事に対する考え方をきっちりと保つ必要があるでしょう。本当に24時間仕事のことについて考えたいのか、それとも、自分の趣味や生活を重視しながら働きたいのか、自分の働き方を考え、合った仕事ができるような案件を選ぶと良いでしょう。

クライアントの性格や価値観と共鳴できるか

 クライアントに仕事を依頼され、それをこなすフリーランスの仕事では、クライアントの性格や価値観が自分とマッチしているかが重要になります。性格や価値観がマッチしていれば、仕事でのコミュニケーションも円滑に進み、ビジネスとしても成功させることができるでしょう。一度きりの仕事だとは思わずに、良好な関係がクライアントと結べそうか否かも仕事を選ぶときには考えなければなりません。


 ここではフリーランスで働く人が、仕事を選ぶ際の判断基準を紹介しました。やはり仕事に対する考え方や、クライアントとの価値観の共有という部分が仕事選びの軸となる部分と考えられます。まずは、自分の仕事に対する考え方からしっかりと分析してみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する