1. 【志望動機の書き方のポイント】企業分析の重要性とは?

【志望動機の書き方のポイント】企業分析の重要性とは?

by toshihide.sato
 企業が選考を行う場合、一体何を基準にするのか?それは志望動機がもっとも重要視されます。そのため志望動機をどう書けばいいのか、何をポイントに書けばいいのかを意識することは非常に重要になります。

 そこで、今回はその志望動機を書くときのポイントについて紹介したいと思います。

企業分析を大切に

 数ある企業の中で、なぜここを選んだのか、どこに企業としての魅力を感じているのか、なぜこの企業で働きたいのか、あなたが思う企業に対して感じる魅力を志望動機の中で採用担当者伝えなければなりません。

 そのためにも、希望する企業を調べる事が必要になります。その企業の主幹事業、分野、現在力を入れている事業、これから広げていきたいと思っている事業などです。現在、ほとんどの企業でウェブサイトの運営を行っており、ホームページには企業の様々な情報が公開されています。

 また、企業によってはfacebook、twitterなどの様々なソーシャルメディアを活用して、自社の広報活動や販促活動などを行っています。そういったfacebook、twitterなどはホームページには公開されていない企業にとって深い情報が公開されている場合があります。自社の製品情報や新製品の情報、また、その制作過程における企業の深いこだわりなど企業もブランディング効果を計る為、他企業との違い、こだわりを前面に宣伝してきています。

 そういった面は企業にとっての最大の魅力です。志望動機の中で、同じ分野での他企業との違いを明確にし「だからこそこの企業で働きたい」「この企業でなくてはならない」といった内容を志望動機に盛り込む事も書き方とのひとつではないでしょうか。

志望動機の重要性を認識する

 企業としても、数多くの希望者の中から選考していく為、内容の薄い志望動機では選考の中で落とされてしまうでしょう。企業の魅力を伝える事も確かに大切ですが、あなた自身の魅力も採用担当者に伝わらなければなりません。

 企業は一時的な雇用で採用を行っているわけではありません。如何に戦力となるか、企業の為に一生懸命に働いてくれるか、これに尽きるかも知れません。そういった企業が求める人材を最初に判断する材料となるのが志望動機と考えても過言ではありません。

 企業に対する知識や熱意のない書き方の志望動機に採用担当者が目を止めるはずがありません。企業の深い活動にも興味や関心を抱き、他にはないその企業魅力に関心があり、この企業の一員になりたいという書き方を意識する事が重要ではないでしょうか。

 最後に、企業に採用される際に志望動機は非常に重要なものとなります。しっかりとした調査をし、面接に望みましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する