1. 営業マンの売上を向上させる「営業戦略」を立案するまでの3ステップ

営業マンの売上を向上させる「営業戦略」を立案するまでの3ステップ

by martinak15
 営業マンが売上を向上させていくためには、トークスキルを磨いたり、営業資料を見やすくしたりすることも大切ですが、それと同じくらい大切なのが「営業戦略」をしっかり立案することです。「営業戦略立案」とは、目標や目的を決定し、それに最適な方法を考えていきます。ここでは、売上を向上させる「営業戦略」を立案するまでのステップを紹介していきます。

1. 目標、目的に最適な手段を考える

 「営業戦略」を立案をするためには、まず目標・目的を設定する必要があります。目標・目的を設定することで、手段を考えることができるようになるのです。そして、目標・目的を達成するにはどの手段が最適かということを、様々な方法でリサーチし、商品、技術、サービス、価格設定などの見直しを図っていきます。

 そうすることで売上の向上に繋がる良いアイデア、良い打開策が新たに生まれてくるのです。また、消費者の立場になることも重要です。消費者の心理を考慮した上で、実現手段を考えることは、売上の向上に確実に繋がっていくでしょう。

2. 現状分析し、改善すべき課題を解決に導く

 営業マンであれば、商品、サービスを提供する際、様々な改善点や課題点は必ずあるはずです。その場合、現状分析をしっかり行い、それを受け止めた上で見直しを行う必要があります。これもまた、消費者の立場で物事を考えることが大切です。

 売上向上を目的とするのであれば、改善点が見つかった段階でそれらを迅速に対処し、消費者にとって長く良いものを提供し続けられるようにすべきではないでしょうか。

3. 営業戦略を実行する

  目標、目的を定め、それに最適な実現手段を考えたとしても実行しなければ何も始まりません。良い手段が決まったのであれば、すぐに実行する準備に取り掛かりましょう。良いアイデアや方法も実行することで、それが良かったのか悪かったのか分かってくるものです。もし良いのであれば継続し、悪かったのであれば新たな手段を考えるべきでしょう。

 売上向上のために必死で考えた手段が、ただの机上の空論になってしまわないよう、しっかり計画を持って営業戦略を実行すべきです。

 以上、売上を向上させる「営業戦略」を立案するまでのステップを紹介してきました。売上を向上させるためには、細かなテクニックを磨くことも大切かもしれませんが、まずはきちんと戦略を練るべきです。その上にテクニックがあって、初めて自分の成果となっていくのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する