1. プロジェクトを成功させるためのチームマネジメントの方法

プロジェクトを成功させるためのチームマネジメントの方法

 組織で働いたことのある人の多くは、何らかのプロジェクトやチームで仕事をされた経験があると思います。あるいは、今後そのような立場に立たれる方かもしれません。そのような際に、仕事上のパフォーマンスを成功させるための工夫に関して意外にちゃんと理解されていないことが多々あります。

 簡単なことですが、どのようなことを工夫すればプロジェクトを成功に導けるのでしょうか。ここでは、工夫すべきマネジメントのポイントに関してご紹介していきます。

チーム内のミーティグ

 コミュニケーションはメンバーそれぞれの状況を把握したり、課題を共有化して課題解決を導くために必須です。しかし、ミーティングをひらいて打ち合わせをすれば共有化が図られているため、コミュニケーションは十分だと考えている方が意外に多いように思います。

 1つには、それぞれの立場で情報の共有化をしたいと思う頻度やケースがまちまちで、タイムリーな情報交換がとても重要です。いち早くメンバーの状況をとらえて、必要と思われるタイミングでメンバーを集めてミーティングを持つことが必要であり、常にプロジェクトのマネージャーは状況やタイミングを見て行動することが大事です。

チーム外との共有化

 プロジェクトは通常、チーム内だけで完結することはほとんどありません。プロジェクトのスケジュール管理など、他のプロジェクトや事業との連携が必要になります。さらに、上司や役員との連携やスケジュールの調整なども必要となっていきます。

 従って、プロジェクト内だけでの進捗管理だけではなく特にキーパーソンと思われる人に協力依頼をしたり、最終的なプロジェクトの進展のために十分な共有化・意見交換や、大きなプロジェクトでは経営への説明・内容への承認などが必要となります。

メンバーへの慰労

 プロジェクトメンバーは、スケジュールを意識したり課題解決に向かってストレスをためながら日々努力しているので、イライラすることも多くメンバー間の対立なども起こりやすくなります。タイミングを見ながら、ストレスをためないように慰労会を開くといった、直接ビジネスに関係ないことでもチームのマネジメントにはかなり効果的です。頻度やタイミング、召集メンバーにも気を使いながら考えていきたいものです。

 書いてみると簡単な事なのですが、意外にこのようなマネジメントがしっかりできていない例が見受けられます。アウトプットに最も影響することですから、それぞれの状況に合わせて工夫してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する