1. [まずは何事も準備から]英語の勉強のための下準備

[まずは何事も準備から]英語の勉強のための下準備

by MIKI Yoshihito (´・ω・)
 英語の勉強って何から手をつけますか?勉強するにあたって順番は大切です。忙しいビジネスマンなら尚さらでしょう。

 しかし、効果的な英語学習の順序を知っているという人は少ないのではないでしょうか。今回はテキストの準備といった観点から効率の良い学習順を紹介していきたいと思います。

1.シャドーイングのためのテキストを用意しよう

 シャドーイングとは聞いた英語をそのまま口に出して練習する勉強法です。まずは短い文章を聞く事ができるリスニングの教材を準備し、シャドーイングを勉強してみましょう。このシャドーイングは英語初心者の人に大変効果的な勉強方法です。

 シャドーイングをすることで、英語のイントネーション、スピード、間の空け方、発音、英語の区切り方、英語のリズムなどを体験しながら覚える事が可能です。

2.文法のテキストを準備しよう

 次に文法を学びましょう。文法をきちんとおさえておかないと話すとなった時に知識が足らず難しさを覚えるでしょう。

 テキストにはたくさんの例文が載っているので、その例文を覚えるのも非常に効果的です。多く単語を知らなくても、フレーズごと覚えてしまえば実際の会話で使うことが出来ます。

3.Reading,Writingのテキストを準備しよう

 これまでは「話す」ということに重点を置いた学習法でした。そして話す練習は聞く練習にもなっています。次は「読み」「書き」です。

 ここでのポイントはあまり難しいテキストを選ばないことです。途中で挫折するよりも自分のレベルに適したものを何冊か終わらせる方が効果的です。

 Writingに関してはシャドーイングに使った教材を書き写す勉強法もオススメです。一つのテキストを何度も使って内容を覚えてしまいましょう。


4.まとめ

 始めにテキストをそろえることで学習の予定が立てやすくなるはずです。始めは薄い教材を買ってこのサイクルを回してみましょう。そしてもっと勉強したいと思った部分に関しては新しいテキストでより深く勉強してみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する