1. 「勉強したい!でも続かない」という人の為の続けられる英語の勉強の始め方

「勉強したい!でも続かない」という人の為の続けられる英語の勉強の始め方

by epSos.de
 勉強を初めても続かない。そんな経験はありませんか?ビジネスマンが英語を勉強することは、時間や体力の制約から難しい面があります。

 しかし、始め方さえ良ければ英語の勉強は続ける事が出来ます。そこで、今回はその為の方法について紹介します。 

1. 目標を設定する

 まずは目標を設定しましょう。語学の勉強にはきりがありません。漠然と続けていると、実際には英語力がアップしていても達成感が得られずモチベーションが下がってしまいます。

 仕事の計画と同様に、

1)最終的に目指すもの
2)そのためにやるべきことや明確なマイルストーン
3)それぞれを達成するための現実的な計画

 を最初に設定しましょう。

 3ヶ月後から始まる駐在生活を生き抜くために1から10までオフィスで英語を使う必要がある、外国から来るお客様にメニューを英語で説明したい、電話の取次ぎさえできればよい、英語でのプレゼンをする予定がある、今は英語力がないが、将来、外資系に転職したい、英語の新聞やテレビで情報収集したい・・・目的やそれに応じた勉強内容は様々でしょう。

 まず「自分には」何が必要なのかを明確にすることで、具体的にやるべきことが見えてきますし、無駄な時間やお金を費やすリスクを減らすことができます。

2. ペースを維持する

 仕事が忙しいと英語の勉強に割ける時間も体力も限られてきます。もしくは、やる気はあっても目先の仕事に直結しない勉強は後回しになってしまう危険が常にあります。

 週に1〜2回ほどのクラスを受講するなど、勉強のペースを習慣化しましょう。残業や休日出勤が不定期でクラスを受講するのが難しい場合でも、自宅で参加できるオンラインの会話練習など何かしら可能なものがあるはずです。

 そして、授業のある曜日や日付が決まったら何がなんでも優先する、これに尽きます。隙間の時間を活用することも大切ですが、ある程度の時間をブロックして確保することは、語学の特性を考慮するとやはり重要です。

 また、自分と同じように勉強をしているビジネスマンと知り合えることも大きな刺激となるものです。

3. 資格試験に申し込む

 ビジネスで役立つ最もメジャーな資格はTOEICでしょう。何はともあれ、次の試験に申し込んでしまいましょう。試験日に向かって自分を追い込むことができますし、スコアが上がれば職場に対してもアピールできます。

 そして、その日までに問題集を終わらせるなど具体的な目標を立てて実行していきましょう。何度も受験すると多少の費用がかかりますが、毎回スコアがアップしていけば達成感が得られて次の試験が待ち遠しくなってきます。

4. まとめ

 ここでは、英語の勉強の始め方について3つのアイディアを紹介しました。英語力がアップしているかどうかは、マラソンのタイムのように明確な指標で表すことが困難です。

 適切な目標設定をしてひとつひとつクリアしていくことで、達成感を得てモチベーションを保つと共に、自分の英語力の推移を可視化することができます。試験結果や受講歴などは、必要に応じて職場で英語力をアピールする際の心強い資料ともなり得ますので一歩づつ勉強を進めていくのはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する