1. 洋楽に学ぶ!英語の練習法

洋楽に学ぶ!英語の練習法

by Thriving Ink
 洋楽だけで英語の発音を完璧にマスターするのははっきり言って難しいといえます。けれど洋楽プラス他の方法を併用することにより英語発音はかなりよくなってくるのです。

 今の時代いろいろな場所で英語の歌や映画を入手することができます。そんな便利な時代なのですからどんどん自分に必要なものをチョイスして吸収しておきましょう。

洋楽の発音

 英語初心者の方からすると洋楽での発音も日常生活でかわされる会話の発音も同じように聞こえてしまうでしょう。けれど洋楽とはあくまでも音楽のリズムにのせて言葉をのせているので、必ずしも正しい発音とはかぎりません。言葉遊びをしていることもあるからです。

 では洋楽を聴くことは無駄なことなのでしょうか?いいえ、全く無駄なことではありません。英語のリスニングが苦手な人は英語の音に対して慣れていないのが原因であることが多いです。

 誰でも普段聴きなれない音を聴くのは居心地が悪いものです。そんな中、言葉の意味を探るとなると余計に頭がこんがらがることでしょう。英語の音と日本語の音では周波数が違うので日本語に慣れしたしんだ日本人からすると非常に聴き取りにくいのです。

 これは生まれた時から日本にいて日本語の中で育ってきたので英語の音に対する免疫がないのはしょうがないことでもあります。ではどうしたら免疫がつくのでしょうか?そこで力を発揮してくれるのが洋楽なのです。言葉の意味は最初から分からなくてもかまいません。とにかく洋楽を聴いて英語の周波数に自分を慣らしてゆくのです。

 英語の環境を自分自身で作ってしまうのです。そして洋楽の良さにはもう一つあり、それはストレスを感じにくいということであります。勉強だという意識をもっていてはなかなか新しい語源を習得するのは難しいものです。楽しみながら英語に対する免疫をつけるのに最適な方法が洋楽といえるでょう。

併用して効果UP

 英語の周波数に慣れてきたら前よりも断然、英語の会話中に聞き取れるワードが増えたと感じることでしょう。普段から聴きなれない音は理解するのに時間がかかりますが、普段からその音に慣れていくことでスッと自分の中に言葉がはいってくるのです。

 英語を習得する上で大切なのは一つの方法に絞って学ぼうとしないことです。目・耳・口あらゆる方向から英語の刺激をたえずあたえてゆくことです。ネイティブの方のようにできるだけ毎日がよいことでしょう。そうすることにより習慣化して体に染み付いた英語にしていくのです。

 染み付いた英語はいざとなった時すぐに言葉としてでてくることでしょう。その習慣化する一つの方法として洋楽は非常に有効だといえます。

 英語は日々の積み重ねが非常に大切です。すぐに自分のものとしようとせず、毎日毎日自分の気持ちを伝えられる方法が増えてゆく楽しさに気づき、ストレスなく英語に触れていくことが大切なのです。洋楽でどんどん英語に対する免疫力をUPさせてゆきましょう!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する