1. ビジネス英語力を鍛える。英語学習の正しい目標設定の仕方&目標達成するための勉強法8選

ビジネス英語力を鍛える。英語学習の正しい目標設定の仕方&目標達成するための勉強法8選

ビジネス英語力を鍛える。英語学習の正しい目標設定の仕方&目標達成するための勉強法8選 1番目の画像

 英語を身に付けたいが、なかなか英語の勉強が継続できず挫折してしまうという人もいるのではないだろうか。

 継続的に英語の勉強をするには、まず「目標を立てる」ことが大切である。

 本記事では、ビジネス英語力を身につけるためにも必要不可欠な目標の立て方と目標達成のための勉強法について紹介しよう。 

目次
+ + 目標設定の前に、なぜ英語を勉強するのか?
+ + 英語学習の目標設定をするための「5ステップ」
+ + 目標達成のために実践したい「6つの英語勉強方法」
+ + 時間を有効活用!忙しい人におすすめの英語学習法

目標設定の前に、なぜ英語を勉強するのか?

 英語学習の目標を設定する前に、なぜ英語を勉強するのか考えてみたい。

 英語を勉強する理由は人それぞれだが、英語を勉強する主な利点について以下に説明する。

【目標設定の前に考えたい英語の利点①】英語でコミュニケーションをとれる

 目標設定の前に知っておきたい英語の利点1つ目は、「海外の人と英語でコミュニケーションをとれる」ということ。

 世界的に見て、最も話されている言語は「英語」だ。

 近年では、日本においても外国人が増え、英語を耳にしたり話したりする機会も増えてきた。

 英語を習得することで、コミュニケーションの幅が広がり、国外の人の考え方や文化などを共有することができるメリットがあるのだ。

【目標設定の前に考えたい英語の利点②】最新情報を入手できる

 目標設定の前に知っておきたい英語の利点2つ目は「最新情報を取り入れられる」ということ。

 英語で書かれた最新情報を日本語に翻訳しても、どうしても情報にラグが生じてしまう。

 そんなときに英語を身に付けておけば、英語で書かれた最新情報をいち早く入手することができるのだ。

 それだけでなく、海外の文献や英字新聞など英語で書かれた情報を理解できると、英語ができると情報収集の幅も広がる。

 英語を習得することによって、自分に役に立つことをたくさん学べるのだ。

【目標設定の前に考えたい英語の利点③】英語力がキャリアアップに繋がる

 目標設定の前に知っておきたい英語の利点3つ目は「英語力がキャリアアップに繋がる」ということ。

 ビジネスシーンで英語の需要が高まっている影響で、英語力を仕事に活かせるメリットもある。

 仕事によっては、英語力がキャリアアップに繋がることも多い。

 さらに、英語を習得すると年収も上がる傾向にあり、自分の価値を高めることできる。

  英語のスキルが身についていると、社会的にも評価されやすくなる可能性が高まるのだ。

目標設定を立ててまで英語を学ぶ3つの理由

  • 英語でコミュニケーションを取れる
  • 最新情報を入手できる
  • 英語力がキャリアアップに繋がる

英語学習の目標設定をするための「5ステップ」

 再三いっているが、目標設定をすることは英語を勉強する上で非常に重要となる。 

 達成する目標があると、英語の勉強を飽きず継続できるのだ。以下にまとめた目標の設定方法を押さえていこう。

【目標設定のポイント①】モチベーションを上げる

 目標を設定する際に「モチベーション」を上げることを意識しよう。

 モチベーションは勉強の継続に繋がりやすく、目標の達成が期待できる。

 好きな映画を何度も観るなど、自分に合った勉強法を見つけることから始めて、最終的には英語を好きになることが大切なのだ。

【目標設定のポイント②】自分の性格を知る

 目標の設定に欠かせない要素が「自分の性格を知る」ことだ。

 コツコツと頑張るタイプであれば、毎日続けられる長期的な勉強法を取り入れよう。

 続かないタイプであれば、曜日を決めてその日に集中的に勉強するなどの工夫が必要である。

 自分がどういうタイプなのか考えてから、目標を設定すると学習効果も上がるに違いない。

【目標設定のポイント③】計画を立てる

 英語の勉強を始める際、「計画を立てる」ことも覚えたいところだ。

 学習目標を長い目で見て、いつまでに単語帳を1周するか、今日の勉強予定はどうするかなど、詳しく決めておくと英語力アップに繋がりやすい。

 目標を設定してから、自分なりに工夫して勉強計画表を作ってみよう。

【目標設定のポイント④】学習記録を残す

 目標を設定して勉強計画も立てたら、日々の勉強後に「学習記録を残す」ことも心がけてほしい。

 自分が今日どこまで勉強できたかがわかると、その後の計画も立てやすく、目標達成までにかかる時間も計算しやすい。

 自分の実力を知るためにも、学習記録は残しておくことをおすすめする。   

【目標設定のポイント⑤】定期的に試験を受ける

 目標達成のための勉強に加えて、自分の実力を測るために「定期的に試験を受ける」ことも重要。

 成績を数値化でき、日本でも一般的な試験であるため「TOEIC」がおすすめだ。

 点数が上がれば英語力が上がった実感が湧き、下がれば原因を突き止めて勉強方法を改善することができる。

 試験を受けて自分の実力を試すことが、目標達成への近道になり得るのである。

目標設定を立てるときの5つのポイント

  • モチベーションを上げる
  • 自分の性格を知る
  • 計画表を立てる
  • 学習記録を残す
  • 定期的に試験を受ける

目標達成のために実践したい「6つの英語勉強方法」

ビジネス英語力を鍛える。英語学習の正しい目標設定の仕方&目標達成するための勉強法8選 2番目の画像

 目標を立てられたら、次は目標達成を目指して英語の勉強に精を出したい。

 以下に目標達成のための英語の勉強法を紹介するので、参考にしてみよう。

【目標達成に効く英語の勉強①】苦手な人はまず英語に慣れていく

 「英語が苦手」という人のほとんどは自分の英語スキルに自信がないことが多い。

 そこで、まず英語を聞いて慣れることから始めるといいだろう。

 英語で映画を見てみたり、洋楽を聴いてみたり、自分なりに楽しめる方法で英語に触れてみてほしい。

 英語に触れる機会が増えれば増えるほど、英語に対する嫌悪感も薄れるはずだ。

【目標達成に効く英語の勉強②】ノート作りで学習効果をあげる

 英語学習でおすすめなのが、ノートを作ることだ。

 実際に「書く」行為と、書いたものを「見る」行為によって、英語の単語や例文などが覚えやすくなる。

  自分なりにマーカーを使って色を分けるなどの工夫をすると、ノート作りが楽しくなるだろう。

【目標達成に効く英語の勉強③】継続して勉強する

 英語の上達に大切なことは、きちんと勉強を継続させることだ。

 しかし、ただ机に向かっているだけでは単調で飽きやすく、勉強を継続させることは難しい。

 英語の学習番組を観たり、ラジオを聞いたり、英字新聞を読んだりするなど、楽しく英語を学ぶ方法を自分なりに見つけよう。

 ドラマなど周期的な放送が決まっているものであれば、自然と継続することができるだろう。

【目標達成に効く英語の勉強④】英語日記をつける

 英語で日記をつけることも目標達成には効果的だ。

 その日に学んだ英語表現を日記を書くときに使うと、なおいいだろう。インプットとアウトプットが並行でき、新しい知識をすぐに自分のものにすることができるのだ。

 英語日記をつけることで自分の英語力の成長も記録できるため、モチベーション維持にもつながるだろう。

【目標達成に効く英語の勉強⑤】ネイティブと触れ合う

 学んだ英語はやはり実際に使ってみないと意味がない。

 そこで、ネイティヴスピーカーの人と英語で話す機会を探してみよう。

 ネイティヴスピーカーの自然な表現や正しい発音を聴いた上で、それらを進んで取り入れると、成長も早いはずだ。

 英会話教室や国際交流をしている場を積極的に利用するといいだろう。

【目標達成に効く英語の勉強⑥】意識してインプットとアウトプットを行う

 英語の学習にはインプットアウトプットが欠かせない。

 インプットだけ、あるいはアウトプットだけでは英語力は伸びないものだ。

 勉強した内容を頭に定着させるためにも、ある程度インプットができたらこまめにアウトプットをすることが大切である。

 自分なりにインプットとアウトプットをはっきり区別して、勉強してほしい。

目標達成に向けた英語勉強法

  • 苦手な人はまず英語に慣れていく
  • ノート作りで学習効果を上げる
  • 継続して勉強する
  • 英語日記をつける
  • ネイティヴと触れ合う
  • インプットとアウトプットを明確にする



時間を有効活用!忙しい人におすすめの英語学習法

 英語の勉強をしたいが、忙しくてなかなか時間が費やせないという人も多いはず。

 そこで時間を上手に利用した英語学習法を伝授しよう。

【時間を有効活用した英語学習法①】すき間時間を使う

 フルタイムで仕事のあるビジネスパーソンは、仕事終わりに英語学習の時間を作ることが難しい。

 そこで、「すき間時間」を使って英語を勉強することをおすすめしたい。

 英語の勉強に長時間を費やさずに、通勤時間や休憩時間などを使って短時間で集中して英語の学習をしてみよう。

 土日に多めに時間をとって勉強し、平日のすき間時間に復習するとさらに効果的だ。

 英単語やリスニング、読解など、移動時間にできる勉強内容を考えておこう。

【時間を有効活用した英語学習法②】常に英文を考える

 また、日頃から「英語脳」にすることを心がけるのも、時間を有効活用して英語勉強する方法の一つである。

 「これは英語でどう言うんだろう」と考える癖をつけ、単語が思い浮かばなかったら調べるなどして、常に英文を考えよう

 他にも、「I'm heading to the office(オフィスに向かっている)」など自分の行動を心の中で英文にしてみるのもいいだろう。

 好奇心旺盛に、分からないことはどんどん調べる。そういった姿勢が大切なのだ。

時間を有効活用した「英語勉強法」のコツ

  • すき間時間を使う
  • 常に英文を考える

 英語学習における目標の立て方と目標を達成するための勉強方法を紹介してきた。

 目標達成に近づくことで、初めて英語の面白さはわかってくる。

 ぜひ本記事を参考に、目標達成に向けた英語の勉強を試してみてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する