1. 英語を勉強する上での目標の立て方

英語を勉強する上での目標の立て方

by paul bica
 なかなか英語の勉強が継続できないという人は多いのではないでしょうか?継続して英語の勉強を続けるためには、まず目標を立てることが重要な要素になります。目標の立て方についてここでは学んでいきましょう。

目標の設定方法について

 目標の決め方は、なりたい自分を想像することです。仕事において英語が必須である場合には、「英語で仕事ができるようになる」という目標の位置づけ方でも良いでしょう。 

 しかし、出来る限り具体的に内容を想像しビジョン化を行うことが大切になります。例えば「顧客向けのプレゼンテーションを英語で行う」と言ったことや、「会議中自分の意見を英語で述べる」「外資系の企業へ転職する」などです。 

 目標達成には期限を設け、この大きな目標に対して小さな目標を立てて行くことが大切になります。小さな目標には、「TOEICで700点を超える」「英検1級に合格する」「英会話レッスンを月10日以上受ける」などがあります。具体的に数値目標に直すことで効果も上がってくることでしょう。

目標が決定した後の勉強法

 目標が達成した後には、無理をせず自分のペースで勉強を行うことがとても大切です。出来れば毎日、最低でも週3回以上は勉強することが必要があります。 また、その為には勉強時間を予め確保しておくことが大切です。 その時間にすることも具体的に見ておくことがよいでしょう。 

 電車での移動の時間や、待ち合わせで早く付きすぎた場合の空き時間を有効活用して下さい。少しの時間を利用することで、最終的に大きな成果に繋がっていくことでしょう。

 英語を勉強する際には、一人ではなく仲間を見つけて頑張ることも大切です。例えば英語を勉強する友人を見つけたり、英会話で仲良しの先生を作ったり、会社や学校で英語学習の目標を宣言し、自分にプレッシャーをかけることも良いでしょう。 

 適度で自分に怠ける事が無いように予防線を張っておくことが英語学習の継続のコツになります。

 英語を学ぶ事により、仕事面において有利に働く機会も多くなるはずです。今まで何度やっても英語が続かなかったという人は、まずしっかりとした目標を立て、コツコツと英語を勉強していくことがよいでしょう。

  自分に無理のない量の勉強ができて、初めて英語の面白さは分かってきます。英語の面白さが理解できれば、英語をより楽しんで勉強することができ、積極的に学ぶ姿勢が身につきます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する