1. 【経営戦略を考える】企業が競争優位性を保つために必要な3つのコト

【経営戦略を考える】企業が競争優位性を保つために必要な3つのコト

 会社の経営を安定化させ、恒常的に利益を上げられるような体制を確立するためには、競合他社にはまねできない競争優位性を持つことが必要になります。競争優位性を持っている会社は、独自のビジネス展開が可能になるため、競争が優位になるとともにマーケットをリードする存在になることが可能となるのです。多くの人は頭では分かっていると思いますが、「では実際どうすれば良いの?」といった感じでしょう。ここでは、競争優位性を保つために必要なコトについて説明していきます。

1. 独自技術の獲得

 他社には真似できない独自技術を保有することが競争優位性を保つためには必要となります。独自技術を獲得することで、不必要な価格競争にさらされることなくビジネスを行うことが可能となるのです。

 また、代替品が存在しないような技術であるほど競争優位性は高まりますが、あえて独自技術をライセンスとして認可することで、製品の開発・販売だけでなく権利ビジネスとして競争優位性を獲得する方法もあります。

 技術的優位戦略は最先端技術を要する製品や工業製品の競争に有効な戦略で、企業の安定的な発展に大きく貢献します。独自技術をさらに改良発展させることで新たな需要を喚起し、市場の開拓へ繋げていくことが出来るのです。

2. 製品の差別化

 次に必要なコトが「製品の差別化」です。競合する他社製品と差別化を図ることで競争優位性を獲得し、市場における影響力を増幅させていけます。技術的優位と異なる点は、製品の性能や機能そのものではなく、デザインやイメージといった点で競争優位性の獲得を目指す点にあります。差別化戦略が大きな意味を持つのは、新たな技術開発が望めないような製品や、技術的優位が直接、競争優位性に結びつかないケースです。

 分かりやすい例がファッション市場です。消費者は洋服を選ぶときに、技術的優位性よりもデザインやブランドを重視して選択する傾向が見られます。この時、洋服はデザインやブランドといった技術的優位性以外の面で差別化が図られている状態にあるため、上手くいけば顧客と長期的に良好な関係を築くことが出来るかもしれません。

3. 価格優位性

 競争市場において低価格であるということは、それだけで競争優位性を持つことになります。合理的な消費者は、同じ価値を持つ製品を比較する時、常に低価格の商品を購入するからです。特に技術的優位や差別化が困難な製品では、価格優位性が特に大きな意味を持ちます。価格はどの製品にも共通して存在する要素です。技術やブランドといったものよりも圧倒的に優劣がわかりやすいため、異なる製品間の比較がしやすいのも特徴と言えるでしょう。

 価格優位性を獲得するには、コスト削減が最も一般的な方法です。しかし、単純なコスト削減は製品の価値を下げてしまうので、生産体制の見直しや原材料の変更など、様々な方法を用いていかに品質を損なわずに価格を下げるかが課題となります。価格優位性を競う場合、他社との競争が激しくなり過ぎてしまい、企業の経営体力が損なわれる恐れがあるため、むやみに価格競争を仕掛けると、企業経営の健全性が大きく損なわれる恐れがあるので注意が必要です。


 競争優位性を獲得することは市場における企業の優位性を増すことに繋がりますが、 競争優位性を目指すあまり無謀な判断をしてしまうと、企業経営そのものが不安定になりかねません。まずは、自社のみならず競合などに関してしっかりと情報を収集することが、適切な経営戦略を策定するために必要なのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する