1. 【「炎上」を防止するために…】企業がソーシャルメディアの利用のガイドラインを作るべき理由

【「炎上」を防止するために…】企業がソーシャルメディアの利用のガイドラインを作るべき理由

by Johan Larsson
 最近企業の評判を落としかねないようなソーシャルメディアの投稿が相次いでいます。こうした企業の評判を落とすような投稿を防ぐ意味でも、ガイドラインを作る必要があるのではないでしょうか。ここでは、ソーシャルメディアの利用に関して企業がガイドラインを作るべき理由を紹介したいと思います。

会社の評判を守る

 個人の情報発信にも関わらず、企業名が入っていたり、写真に出ていたりすると、会社全体の評判を下げることになりかねません。そのため、ガイドラインを設定して、企業に所属するものとして、情報発信を行うということを社員に知らしめ、徹底させる必要があるでしょう。

情報を流出や漏洩を防ぐ

 企業として知られたくないような情報はあるはずです。万が一、情報が流出してしまうと、企業の利益を失うばかりではなく、信用問題に関わる場合もあります。特に個人情報が流出してしまうような投稿は避けたいところです。ガイドラインを作ることで、このような情報流出も防ぐことができるでしょう。


 ここでは、企業がソーシャルメディア利用のガイドラインを作る理由を紹介しました。現在、ソーシャルメディアでの「炎上」が目立ち、会社として不利益を被っているケースも多くあります。ガイドラインを作り、会社としての損失を防ぐようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する