1. Webディレクターであれば持っておきたいスキル

Webディレクターであれば持っておきたいスキル

by ZERGE_VIOLATOR
 Webディレクターはサイトの構築をクライアントからの要望に合わせて作る仕事です。スキルとしても非常に高度なものが求められます。ここでは、Webディレクターが持っておきたいスキルを紹介したいと思います。

コミュニケーションスキルが最重要

 Webディレクターの仕事はクライアントと対話する仕事でもありますので、コミュニケーションスキルが特に重要なスキルとなります。クライアントへのヒアリング、提案、プレゼンテーションと仕事を受注するまでの間にクライアントと打合せする機会は多くあるでしょう。まず、この段階でクライアントの要望に沿わないようであれば、受注することすら叶いません。クライアントとコミュニケーションを取ることができるスキルというのは非常に大切であるということがわかります。

仕事をしていく上で必要なスキル

 コミュニケーションスキルだけでなく、仕事で必要なスキルは身につけておく必要があるでしょう。ヒアリングシートや企画書、プレゼンテーション資料や見積書などを作成できるプレゼンテーションや資料作成のスキルや、プロジェクトを管理する為のガントチャートやタスクリストを作成し工程管理するスキルが必要です。また、デザイン作成のスキル、その他SEO対策の知識やWebマーケティングスキルも求められるでしょう。多くのスキルが必要であると感じると思いますが、Webディレクターは総合的に様々なスキルがある方が良い仕事をすることができます。


 ここでは、Webディレクターとして身につけておきたいスキルを紹介しました。多くのスキルが必要ですので、日々、学びながら仕事を進めていく必要があると思います。ここで紹介したスキルを高め、Webディレクターとして良い仕事ができるようになりましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する