1. Webディレクターがスケジュール管理を行うときに注意したいこと

Webディレクターがスケジュール管理を行うときに注意したいこと

by shiori.k
 Webディレクターはプロジェクトのスケジュール管理も行う必要があります。とくにプロジェクトを確実に納期内に完成させるためにスケジュール管理は非常に重要になります。ここでは、Webディレクターがスケジュール管理を行うときに気をつけたいことを紹介したいと思います。

スケジュール管理のポイント

 スケジュールを管理する上では、まず工程の把握が大切です。各工程で必要な仕事は何かを見つもった上で、その仕事に関してどのように関係者が関わってくるかという部分を導きだします。 

 次に、振り分けが完了すれば、適切なタイミングでそのスケジュールを共有することが大切になります。制作メンバーは複数のプロジェクトを同時進行している可能性があります。そのため、こまめに進捗状況を確認しつつ、スケジュールを調整していきます。

  顧客の欲求を伝えたり、厳密なルールを伝えることで制作メンバーも作業がスムーズに進んでいきます。スケジュールを正確に進行するためには、「誰に」「何を」「いつ」要求するかという点が大切になります。これらのポイントをしっかりとおさえることで、仕事もスムーズに進むことでしょう。 

スケジュールを調整する必要も

 スケジュールがきついと思われる箇所は事前にそれに対する対策を考えて置く方が無難です。期限内にどうしてもそれを完成させなえればならない場合は人材を多く確保したり、作業工数を減らしたり、仕事の能率のよい技術者に短時間で終わらせてもらうなどの方法があります。 

 スケジュールの完成が厳しいと分かったら、どの方法を採用すればスケジュール通り終わるのか事前に対策を立てておくことが必要です。スケジュールの立て方により、仕事の進み方は大きく変わります。 


 ここでは、Webディレクターがスケジュール管理を行うときに気をつけたいことを紹介しました。スケジュールを決めるときは事前に仕事内容と仕事量を把握し、余裕を持った計画を立てる必要があります。ここで紹介したスケジュール管理の方法で、Webディレクターの仕事を全うしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する