1. Webディレクターに求められる知識とスキル

Webディレクターに求められる知識とスキル

by 【J】
 Webに携わる人であれば、将来Webディレクターになりたいと思う方も多いのではないでしょうか。Webサイト制作に携わる人々を統括し、スケジュールの管理を行う監督的な役割を果たすのがWebディレクターです。 ここでは、Webディレクターに求められる知識やスキルを紹介したいと思います。

コミュニケーションに関する知識

 Webディレクターに求められるものは、コミュニケーションに関する知識です。クライアントとの対話や、デザイナーや製作者との対話を通じて様々なことを調整し、進めていくのがディレクターの役割でもあります。コミュニケーションへの知識は不可欠な能力と言っていいでしょう。

マネジメントをすることができる知識

 次にスケジュールや予算、クオリティ、人材をマネジメントする能力が必要です。 チーム全体をどのように動かし、どのようなペース配分や資金でそれを作り上げるのかを管理することで、Web制作も円滑に進めることができるでしょう。

サイト制作に関わる知識

 サイトの制作に関して覚えておきたいスキルもWebディレクターには求められるでしょう。デザインやコンテンツ制作を行うことが出来るスキルやプログラミングの知識が必要となります。 WebディレクターがWebサイトの作成に直接かかわることもあり、皆を統括する意味でもサイト制作の知識は重要になります。


 ここでは、Webディレクターに求められる知識を紹介しました。Webディレクターは包括的な仕事をすることが多いため求められる知識も多種多様になります。ここで紹介した知識を身につけ、Webディレクターを目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する