1. 企業がFacebookを利用するときの基本となる運用方法

企業がFacebookを利用するときの基本となる運用方法

by aka Jens Rost
 Facebookは利用者が多いため、ソーシャルメディアの中でもとりわけ企業に活用されているものです。ここでは、企業がFacebookを使う際の基本的な運用方法を紹介したいと思います。

情報の発信

 企業が商品やサービスの情報の投稿をすることによって、その情報を瞬時に発信することができます。Facebookを利用することで、より多くの人の目に止まるようになり、効果としても既存のメディアよりも良い結果をもたらす場合もあるでしょう。Facebookを企業が利用するときはまず、情報の発信をすることが求められると言っていいでしょう。

情報の収集と返信

 また、自社のFacebookページには、多くの投稿が寄せられたり、なかにはクレームや要望も寄せられることがあるでしょう。そのような消費者の声を見ることが出来るのもFacebookの良い所です。このような顧客の声は収集を行い、可能な限り返信を行うといいでしょう。そうすることで、顧客との対話が生まれ、よりよいコミュニケーションが可能になります。


 ここでは、企業がFacebookを利用するときの基本となる運用方法を紹介しました。Facebookでは一方的に投稿を行うのではなく、顧客の声も拾い上げることが必要です。ここで紹介した運用方法でFacebookを有効に使いましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する