1. Webディレクターのキャリアプランの立て方と仕事で意識しておくべきこと

Webディレクターのキャリアプランの立て方と仕事で意識しておくべきこと

by sin1015
 Webディレクターは、クライアントから要望されたWebサイトの制作を行う為のスタッフの統括、工程管理、 品質管理などを行う制作責任者にあたります。

 その為Webディレクターには、Web制作のみではなくテクノロジー、広告手法など、インターネットに関連する様々なリテラシーと経験が求められます。よって、必要とされるスキルも様々です。では、どういったキャリアプランを立てていけばいいのでしょうか?

キャリアプランを立ててみる

 まず、キャリアプランとは自分で目標を定めて、その実現の為に計画をたてる事をいいます。しかし、漠然とした考えや目標だけではその為に何をどうするかといった計画も漠然としたものになってしまいます。そこでその目標をさらに細分化し自分なりに短期的目標を定め目標達成にむけて計画を立てていくことが重要です。

 例えば「5年後には一人前のWebディレクターとしてプロジェクトを担当する」という目標を掲げたとします。しかし、こういった目標ではまだ具体性にかけてしまいます。より具体的に「1年後、2年後、3年後、4年後、5年後のそれぞれの時点での達成すべき目標をたてる」というようにするのがいいのではないでしょうか。

 Webディレクターとして必要なスキルと段階を、自分なりに計画を立てる事が有意義なキャリアプランとなるのはずです。

プロジェクトはひとりでは達成できない

 先述のとおりWebディレクターは様々なスキルを必要とします。そのすべてを習得出来ればいいのですが、すべてを習得するのは簡単な事ではありません。

 Webディレクターにとって大切な事は自分に出来ない事はそのスキルを持った人に担当してもらうという柔軟な考えを持つ事です。そういった考えでプロジェクトに関わる事で、経験や知識が豊富になり、Webディレクターとして成長出来るのです。


  以上、Webディレクターのキャリアプランの立て方と仕事で意識しておくべきことを紹介してきました。様々な知識が求められるWebディレクターという仕事だからこそ、きちんとキャリアプランを考えて仕事に臨むべきなのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する