1. 「歩きにくいスニーカー!?」逆転の発想から生まれた大ヒット商品たち

「歩きにくいスニーカー!?」逆転の発想から生まれた大ヒット商品たち

 新商品を企画するのってとても大変ですよね。数ある商品の中でオリジナリティを出さなくてはいけないし、売れる商品を作らなければいけない。新しくて斬新なアイディアなんてそうそう浮かんでこない。そこで、商品企画の救世主として紹介したいのは、常識の反対側に注目した逆転発想法です。逆転発想法で生まれた商品
の数々は、いままで置き去りになっていた反対側にいる一定のニーズを満たし、大ヒットとなりました。それではその企画成功事例から、逆転発想法の仕組みを紹介します。

胸が小さく見えるブラ!? (ワコール)

 胸の大きな方には「シャツのボタンの隙間が気になる」「太って見えるからイヤ…」といった悩みがあります。そんな悩みの声をもとに開発された、大きな胸を「小さく見せるブラ」。第一弾が 2010 年4月にネット販売開始後 1 週間で約 2,500 枚。第二弾は発売 1 ヶ月で約 4,200 枚。第三弾はウェブストアの売上 NO.1 を記録し、発売一ヶ月で約 12,000 枚を販売!

 胸の小さな方には何ともうらやましい悩みのようですが、胸の大きな方にとってこれは本当に重要なお悩みのようです。またこのブラはただ単に胸が小さく見えるのみならず、着け心地や安定感、デザインといったお悩みにも応えることで、8割以上の方がリピート買いしているのも特徴です。

ホット炭酸飲料(コカ・コーラ)

 「炭酸飲料は冷たい飲み物」という常識を覆す新感覚の、ホットでたのしむ炭酸飲料。寒い季節に販売数が伸び悩む炭酸飲料業界に革命がおこりました。「カナダドライホットジンジャーエール」は 2013 年 10 月販売開始。体を温めながら美味しくリフレッシュできるホット炭酸体験を提供するというこれまでの常識を覆す謳い文句。

 またホットワインなどを想像させる、“ノンアルコールシャンパン”として開発されたこの商品は、炭酸=子供が大好きというイメージから大人の消費者に向けて炭酸飲料の可能性を広げてくれました。

歩きにくいスニーカー(リーボック)

 スニーカーといえば歩きやすい、が鉄則でしたが敢えて「歩きにくく」することで日常の歩行でより多くのカロリー消費を可能にしたリーボックの「イージートーン」。2009 年 2 月に販売開始。“バランスポッド”と呼ばれるやわらかいソールがバランスボールの上にいるような、不安定感を作り出し、体が無意識にバランスをとろうとするため、脚やヒップの筋肉活動量が増えてエクササイズ効果を生み出します。
 
 「履くだけのジム」を掲げたこの商品は忙しい女性にぴったり。運動するための
スニーカーではなく、ショッピングに出かけたり、通勤や通学に取り入れたりと日
常生活に取り入れるだけで効果を発揮するというところが魅力です。現在ではスニーカーのみならずブーツなども販売されています。

雪見だいふく(ロッテ)

 暑い夏の人気商品アイスクリームを敢えて冬のイメージで 1981 年 10 月に売り出したのが「雪見だいふく」。秋から冬にかけての寒い時期に、窓の外で降る雪を見ながら暖かいコタツに入って食べると、ほのぼのしたやさしい気分になるというアイスクリームの新しいシーンを提供しました。

 アイスと大福の組み合わせも斬新で、暖かいコタツのイメージを連想させる大福でより温かみのあるイメージを連想させてくれます。雪見だいふくは販売以来ロングヒット商品として親しまれています。


 いかがでしたでしょうか。胸が大きい方のためのブラなどお悩みを解決する商品や、ホット炭酸飲料や雪見だいふくなど新しいシーンを提供する商品、歩きにくいスニーカーで日常の歩行を運動に替える商品などをご紹介してまいりました。

 逆転の発想から生まれた商品は、一時的な流行り廃りのある商品ではなくロングヒット商品となっていく傾向があります。それはこれまで着目される機会の少なかったニーズに応えている商品が多いことが起因しています。次に逆転の発想で新しいロングヒット商品を開発するのはあなたかもしれません!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する