1. 英語で話すときに不可欠な強弱の付け方の練習方法

英語で話すときに不可欠な強弱の付け方の練習方法

by Ed Yourdon
 英語の発音や話し方で苦労しているという方は多いのではないでしょうか。英語と日本語とでは、アクセントや強弱の付け方に大きな差があります。練習するときも意識的に取り組む必要があるでしょう。ここでは、英語の強弱の付け方の練習方法を紹介したいと思います。

まずは大きな声を出す

 日本人が英語を話しているのを聞くと、弱々しく小さな声で話しているように感じます。まずは大きな声を出して英語を発音するのを意識しましょう。そうすることで、相手にも伝わりやす英語の発音に近づくことができるでしょう。

英会話のCDを使って何度も重ねて話す

 オーバーラッピング法という、英語の発音の強弱を付ける練習法としてCDから流れてくる英文に重ね合わせて、それを真似て発音する方法があります。繰り返すことで少しずつ効果があらわれるでしょう。基本、言語は耳から覚えるものです。何度も聞いて、何度も重ね合わせて繰り返し発音することが効果的でしょう。

会話内容で大事な単語は強めて発音する

 会話内容全体で伝えたい大事な単語を強めて発音することを意識しましょう。大事な単語を特に強めて発音することにより強弱が生まれ、ネイティブスピーカーの人に更に通じやすくなります。日本人特有の単調な話し方が、英語が通じない原因を作るものでもあるため、会話内容全体で大事な部分に強弱を付ける練習を行うことをお勧めします。


 ここでは、英語を話すときに必要な強弱の付け方の練習方法を紹介しました。ここで紹介した方法を参考に、伝わる英語の会話力を習得しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する