1. 企業がLINEを活用する事で得られる3つのメリット

企業がLINEを活用する事で得られる3つのメリット

by paul bica
 今やLINE普及率は非常に高まっています。ただ、LINEは個人間でのやりとりだけに留まりません。LINE機能を取り入れ企業内の効率をはかっている会社も多数存在します。

 ではLINEを社内に導入するメリットとはどういったものがあるのでしょうか?ここでは企業がLINEを導入することによって得られる3つのメリットを紹介します。

1.メールでのやりとりを減らし効率化

 まず「トーク機能」を一番多用する機会が多いです。社内間だけに留まらず、外注取引先とのやりとりもこのトーク機能を活用する事でメール数を減らすことに繋がります。

 メール受信数が減ると言う事は送信数も減り、打つ手間も減らせるメリットがあります。LINEでのトーク機能は基本的には短文で高頻度なやり取りが可能ですので、自然と効率的な会話ができ業務進行もスムーズになるのです。

2.通話代金削減

 次に無料通話による、電話料金の削減です。トーク使用時に詳細は口頭で伝えたいと思い立った際にはそのまま無料通話に切り替えることも可能です。

 今まではメールでのやり取り後、電話機もしくは携帯電話を持ちかけていたことを考えると流れもスムーズになり、尚且つ経費削減にもつながります。

3.情報共有が簡単

 また、LINEで便利な機能としてグループ機能があります。これは指定したメンバーの身で構成されたチーム内でのトークを可能にします。
 
 例えば同一プロジェクトのメンバー内でグループを組み、それぞれの進捗状況で会ったり書類添付などを行う事で全メンバーが瞬時かつ簡単に進行状況の情報を共有できます。

 そしてプロジェクトが完了をむかえたらグループを解散させ、また新たなプロジェクトチームのグループを作成するもよし、何個かのグループを掛け持ちする事も可能です。

 LINEは費用もかからずスムーズなやり取りができ、経費の削減にもつながるアプリですのでお試しでも導入される事をおすすめしたいアプリです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する