1. 転職の面接を辞退するときのマナー

転職の面接を辞退するときのマナー

by Norio.NAKAYAMA
 転職の面接を受ける際に、先に結果が出てしまい、辞退したいというケースがあるかと思います。辞退するときはしっかりとマナーを押さえるようにしましょう。ここでは、転職の面接を辞退するときのマナーを紹介したいと思います。

辞退の旨は早急に伝える

 伝えにくいからといって、無断で欠席してしまうのはマナー違反です。会社は業務の時間中に時間を確保しています。出来れば面接予定日の前日より前に連絡しましょう。ただ、転職活動を複数同時平行に行っている場合、面接当日に第一志望の企業から内定が出るということもありますので、その時は辞退することを決めた時点で早急に連絡しましょう。

電話を使って連絡する

 電話をすることで、相手に直接連絡を入れることができ、伝わる時間も短くなります。メールや手紙では、時間がかかってしまい、伝わらない場合もありますので原則的にはやめましょう。万が一電話が通じないときは電話をした旨を一言添えてメールで早く連絡するとマナーを押さえて連絡をすることができます。

辞退理由は素直に伝える

 面接辞退を伝えた際ですが、理由を聞かれることもあるでしょう。面接の機会を作ってくれた会社への誠意として理由は濁さずに答えるようにしましょう。この時ですが、変な気を遣わず素直に辞退理由を述べて問題ありません。

丁寧にお詫びをする

 辞退をするときは、相手にお詫びをして、辞退をするのがマナーとなっています。誠心誠意お詫びの言葉を添えるようにしましょう。


 ここでは、転職の面接を辞退するときのマナーを紹介しました。マナーを押さえることが、ビジネスマンであるということを示すことでもあります。ここで紹介したマナーをしっかりと行って、相手に失礼のないようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する