1. 新卒のビジネスマンが転職の悩みを抱えた時にするべきこと

新卒のビジネスマンが転職の悩みを抱えた時にするべきこと

by HIRAOKA,Yasunobu
 新卒で入社した会社の体質や社風が合わず、転職を考えているという方も多いのではないでしょうか。新卒でいきなり転職するとなると、大きなハンデを抱えてしまうことになります。そのため様々なことを考慮して悩みを解決したほうがよいでしょう。ここでは、新卒のビジネスマンが転職の悩みを抱えた時にするべきことを紹介します。

1.転職したい理由を書き出す

 何故転職がしたいのかという理由をまず書き出してみましょう。給料が低い、残業代がでない、人間関係が嫌だ、仕事内容に興味がない、など思いつく限り書き出します。転職への悩みの中には、新卒であるから抱えている悩みもあります。例えば、給料が低いという悩みは、仕事の役職が上がるに連れ、解決していく問題となります。新卒者が抱えやすい問題が多いときは、まだ転職するべきではないということです。もし新卒者が抱える問題よりも深刻な問題が多かった場合は、転職活動を開始してもよいでしょう。

2.周りに相談する

 悩みは一人で抱えず相談した方が良いです。社内で相談する場合は信用できる相手に相談しましょう。社内の人間に相談する場合は同じ環境を共有しているもの同士、理解しあえることが多いのでよき相談相手になってくれるでしょう。もし、社内に相談できる人間が見当たらない場合は、ハローワークのキャリアセンターや、転職支援サイトの無料相談などを使うと、自分の現状を客観的にみてもらえるので的確なアドバイスをえることができます。

3.スキルの確認をする

 転職をするということは、次の会社では即戦力といての働きを求められることになります。今の自分のスキルで何ができるのか今一度洗い出してみましょう。他の会社でも通用できそうならばキャリアアップを求めて転職もありでしょう。もしまだ力不足を感じるならば、仕事も慣れてきた今の会社で、仕事時間以外に勉強や、資格取得をするなどして転職活動の下準備を始める方がよいと思います。


 ここでは、新卒のビジネスマンが転職の悩みを抱えた時にするべきことを紹介しました。新卒であるからこそ抱えてしまう問題もあり、よく転職のリスクなども考えて決断するようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する