1. 【基礎の習得が上達への近道!】英語の基礎を固めるために実践したいおすすめの勉強法

【基礎の習得が上達への近道!】英語の基礎を固めるために実践したいおすすめの勉強法

【基礎の習得が上達への近道!】英語の基礎を固めるために実践したいおすすめの勉強法 1番目の画像
 英語の上達に関して、様々なおすすめの勉強法がネット等で紹介されている今、どんな勉強法が自分に合うのか迷っている人は多いのではないでしょうか?英語を上達させるには、まず自身の性格に合った方法を見つけるのが一番おすすめなのですが、なかなかその自分というのが見えないのが現実です。そこで今回は、英語の基礎を固めるために実践したいおすすめの勉強法について紹介します。

子供向けのプログラムを見る

 子供向けのプログラム、例えばセサミストリートのようなものを見るという方法はおすすめです。海外のプログラムでなくても日本のアニメや童話のDVDで英語と切り替えられるものも図書館等で手に入ります。基本的に子供向けのプログラムはキャラクターがゆっくり話しますし、子供が対象なのでボキャブラリーもそれ程多くありません。

 よく映画を見て勉強するという方法を実践している人がいますが、ちょっと専門用語のようなものが出てきてしまったり、政治的な要素が入ると瞬く間にストーリーから置いていかれてしまいますし、コメディー映画などはウィットの効いた独特の言い回しをしたりすることが多いので、上級者でも理解するのは難しいです。また、通常のテレビ番組では放送禁止になるようなスラング等も結構頻繁に使われていたりしますので、英語の学習方法としては向かないでしょう。まずは基礎を固めるためにも子供向けのプログラムを見ることから始めてみると良いかもしれません。

レベルごとに分けれられている本を読む

 通常の童話や物語を、英語の学習をしている人々のためにレベル分けして売っている本があることを知っているでしょうか?いくつかシリーズは出ていますが一例を挙げますと、レベル1はTOEIC300程度の方が読める、1000単語だけしか使われていない物語、レベル2はTOEIC350点程度の方が読める1300単語だけを盛り込んだ物語、レベル3はTOEIC400点の方が読める1600単語を使用した物語、といったようにレベルによって使用している単語数が決まっていて、その単語だけ覚えていれば読破できるようになっています。

 また同じ単語が物語の中で何度も出てくるので、一冊読み終わる頃にはそこに書かれている単語は大体覚えられるといった仕組みになっています。物語もスタンダードな赤毛のアンやフランダースの犬のような物語ですので、それ程抵抗なく読むことができます。日本でも大きい書店やインターネットで販売しているようですので、一度試してみてはいかがでしょうか?

 以上、英語の基礎を固めるために実践したい勉強法を紹介してきました。短い時間で英語のスキルを磨きたいからと様々な勉強法に手を出すのではなく、まずは基礎をしっかり固めるためにもここで紹介した勉強法を実践してみることをおすすめします。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する